シンプルな設定と簡単操作

New Relic Infrastructureエージェント、New Relic API、AWS、Azureインテグレーション、さらにはFluentdやFluent Bit、Logstashなどのオープンソースを含む個々の環境に最適なフォワーダーを使用して、テキストベースのあらゆるデータを簡単に取り込めます。もしくはエージェントレスでsyslogデータをTCPエンドポイントに送信することも可能です。

大規模な分析

どんな容量のログデータも一瞬のうちに表示する、高速の検索レスポンスタイムを実現。New Relicはオンプレミスもクラウドデータもサポートし、データ分割機能で思い通りのデータを容易に分割できます。検索、フィルタリング、ピボットでの関心領域の絞り込み、検索条件の保存、またログデータに基づいたダッシュボードやアラートの作成も簡単です。

ログデータのパターンと外れ値を検出

機械学習を使用してログデータにおけるパターンを検出、外れ値を顕在化し、トラブルシューティングにかかる時間を短縮します。1回のクリックで何百万ものログメッセージをすばやく検索し、手動によるクエリを減らすことで、発見しにくい異常なパターンを見つけられます。ログは自動的にまとめられてパターン化されるため、詳細分析のためのクエリ、アラート、ダッシュボードの作成も容易です。

すべてのコンテキストログデータをすぐに使用

Logs in Contextは、アプリケーション、インフラストラクチャー、サーバレスにおけるイベントを、モバイルエラーやトレース、スパンと併せて自動的にログと相関づけます。そのため、必要なデータを特定するまでの手間を大幅に省くことができます。すべてのログが1回のクリックで入手できるため、複数のツールでログを分析し、手作業でエラーやトレースと関連づける必要はありません。

低価格のログ管理

ログはすべてのデバイスの頭脳そのものであり、そのためサンプリングの心配をする必要はありません。1カ所ですべてを把握できる可視性を、月100GB無料、以降0.25ドル/GBのデータ収集を通じて手に入れましょう。