稼働中のErrors Inboxを見てみましょう。

New RelicのFull-Stack Observabilityでエラー管理を行うことで、いかにエラー追跡の煩雑さを排除できるかを学びましょう。現在、米国のデータセンター向けに利用可能です。

View all errors with full context in one place

1か所で全てのエラーを確認しましょう。

重要なエンティティとサービスのエラーを全て一元化された画面で検出し、選別し、そして解決しましょう。Errors Inboxに届くスタックトレースを含む全てのエラー詳細を確認し、より迅速に根本原因を突き止めましょう。

チケットが切られる前に、エラーを解決しましょう。

エラーが顧客に影響する前に、積極的にレビューと選別を行いましょう。共通の属性によりエラーをグループ分けし、ノイズを軽減しましょう。

Resolve errors before tickets are filed
Say goodbye to juggling multiple screens

複数の画面を行ったり来たりするのはもうおしまいです。

APM、RUM、モバイル、サーバーレス(Lambda関数)データで、アプリケーションスタック全体のエラーに対処しましょう。いくつものビューを調査する必要はもうありません。全ての充実したテレメトリーデータが、1つのビューに表示されます。

チームや時間をまたぐコラボレーションを可能に。

サイロの中で重複する作業を行うのはやめましょう。全てのチームが、前回修正時の解決詳細を含む同一のエラーコメントを確認できる可視性を手に入れられるようにしましょう。

Collaborate across teams and time

New Relic Oneの全機能に無償でアクセスする

スタックをモニタリングできる弊社プラットフォームの全機能アクセスと、月あたり100GBのインジェストを無料で提供します。クレジットカードは不要です。