スタック全体を可視化、ナビゲートし、改善する

  • バックエンドのAPIからフロントエンドのユーザーデバイスの全てにおいて、包括的なアプリケーションの可視性を獲得
  • トレースとコンテキストにおけるログを可視化し、フルスタック全体のデータ相関を把握
  • automapおよび外部サービスによって、依存関係を可視化
  • メトリクスおよびApdexスコアを利用して、ボトルネックを識別し、パフォーマンスを最適化

トレースを見逃すことはもうありません

  • New Relic Edge with Infinite Tracing 分散トレーシングを100%観察(毎分200万スパンまで)
  • Headベースのサンプリングによって、重要かつ象徴的な知見を獲得
  • エラーの内容を調査し、トレースを遅くすることで、根本原因をより迅速に特定
  • トレースをグループ分けし、エラーや異常性をより細かく把握する
  • スパン属性のトレースフィルタによってデータコストの可視性を最適化し、トレースオブザーバーモニターによってルールを設定
 
 

コードレベルの可視性による迅速なトラブルシューティング

  • お好みのメトリクスとチャネルに合わせてアラートを作成
  • エラーや時間を要しているリクエストを分析し、問題領域を特定
  • リアルタイムのJavaプロファイラーによって、クラスターの活動を診断し、パフォーマンスのボトルネックをトラブルシューティングする
  • コンテキストにおけるログとトランザクショントレースによって、根本原因をより迅速に特定
  • 統合型パターン認識と機械学習が、より迅速なデータ選別をサポート

システムの健全性を向上させるプロアクティブなワークフロー

  • Errors Inboxによってエラーを検知、トリアージ、およびトラブルシューティング
  • デプロイメントマーカーを用いて、コードが影響のあるパフォーマンスをリリースする方法を把握
  • 依存関係マップとサービスマップにより、パフォーマンス上の問題を引き起こしているコンポーネントを強調
  • 自動化されたサービスレベル管理によって、SLOを管理
 
New Relicインスタントオブザーバビリティのクイックスタート

現在および将来のスタックを監視する

  • 標準的な言語、フレームワーク、OpenTelemetryのようなオープンスタンダードを含むクラウドプロバイダとの統合により、すぐに利用可能
  • ガイド付きインストールを備えた迅速かつ簡単な設定
  • お客様の環境に関して事前設定されたダッシュボードとアラートをNew Relic I/Oで閲覧

さらに学ぶ