価格の考え方

フルスタックオブザーバビリティを、単一のプラットフォーム、単一価格で提供します。
データ
1ヵ月あたり100 GBのデータを無料で取り込むことができ、それを超えた場合の価格はGBあたり0.30ドルです。
ユーザー
3つのユーザータイプとして、ベーシック(無料)、コア、フルプラットフォームがあります。価格はエディションによって異なります。プラットフォームへのアクセス権は、ユーザータイプによって異なります。
お客様の価格
30+機能(APM、インフラ監視、ログ、RUMなど)、700+インテグレーション、無制限のホスト、無制限のCPUに追加料金なしでアクセスできます。

すべての機能にフルアクセス
一つのプラットフォームに30以上の機能

オプションを比較。
お客様に適したエディションをお選びください。

ここから開始
無料
期間制限のないフリープランにサインアップしましょう。
  • 100GBデータの取り込み
  • ログの難読化
  • 無制限のベーシックユーザー
  • データ保持期間
  • 無制限のPingモニター
クレジットカードは不要です。
今すぐ始める今すぐ始める
Pro
5人以上の開発者と、複雑なワークロードに対応する必要のあるチームに。
  • 無制限のフルプラットフォームユーザー
  • コミットメントのオプション
    コミットメント契約では、長期的に予想される使用量の見積もりが作成され、コミットメント期間中の割引料金と引き換えに合意した支払いコミットメントがあります。組織の使用量がそのコミットメントを超えた場合、超過分は合意済みの料金で請求されます。詳細情報
  • SAMLシングルサインオン
  • 初期サポート緊急時対応SLA(2時間)
  • Data Plus利用可能
    Data Plusのオプションは、最適化されたパフォーマンス、規模、セキュリティ、ガバナンスのための一連の高度なデータ性能を提供するバンドルです。詳細情報
Enterprise
高度なセキュリティとサポートが必要な大規模組織向け。
Proのすべての機能に加え、以下が提供されます:
  • Data PlusでのFedRAMP ModerateおよびHIPAA適格
  • 優先チケットルーティング
  • 初期サポート緊急時対応SLA(1時間)

詳細
比較

エディションの内容詳細については、ドキュメントをご覧ください。
  無料 標準 Pro Enterprise
データコスト(月額)
オプション1: 元のデータの取り込み
New Relicに取り込むデータ量に応じて価格が設定されます。「データ取り込み」(計算、クエリ、ストレージを含む)とは、お客様の組織がNew Relicに保存したデータのうち、生の転送データではなく、当社がさまざまなデータトリミングとデータ変換ルールを適用した後のデータを指します。詳細情報
無料
100GBの無料制限を超えた場合、$0.30/GB
標準
100GBの無料制限を超えた場合、$0.30/GB
Pro
100GBの無料制限を超えた場合、$0.30/GB
Enterprise
100GBの無料制限を超えた場合、$0.30/GB
オプション2:Data Plusデータ取り込み
New Relicに取り込むデータ量に応じて価格が設定されます。Data Plusは、高度なパフォーマンス、ガバナンス、およびコンプライアンス機能を提供します。これには、データ保持期間の延長、クエリあたりの実行時間上限が最大10倍、クエリ上限が最大3倍、FedRAMP ModerateおよびHIPAAの適格性、強化されたログ難読化の制御、強化されたストリーミング、履歴データのエクスポート、New Relic脆弱性管理、クラウドプロバイダーの選択などが含まれます。詳細情報
無料
X
標準
X
Pro
無料制限を超えた場合、$0.50/GB
Enterprise
100GBの無量制限を超えた場合 、$0.50/GB (FedRAMP Moderateも含む
FedRAMPは、安全なクラウドサービスの採用を促進するプログラムで、クラウドテクノロジーのセキュリティとリスク評価に対する標準化されたアプローチを提供します。有資格のアカウントで、Data PlusおよびEnterpriseエディションを使用して、HIPAA対応およびFedRAMP認証サービスをリクエストできます。
およびHIPAA適格)
ベーシックユーザーの権限には次のものが含まれます。
ベーシックユーザーは、カスタムのクイックスタートなしのダッシュボード、クエリ、アラート、インストゥルメンテーションへのアクセスが可能です。このベーシックユーザータイプは、パフォーマンス・ダッシュボードまたはアラートステータスの可視性を必要とするプロダクトマネージャー、エンジニア、およびエグゼクティブにとって理想的です。
コアユーザーの権限には次のものが含まれます。
コアユーザーは、ベーシックユーザーが使用できるすべてのデータに加え、New Relic CodeStreamエクステンション、エラー追跡、ログなどを通じて、IDE内のテレメトリーデータにもアクセスできます。このコアユーザータイプは、本番環境および本番以前の環境でのコードのパフォーマンスに可視性が欲しい開発者や、DevOpsおよびSREチームと問題について協働する開発者にとって理想的です。
フルプラットフォームユーザーの権限には次のものが含まれます。
フルプラットフォームユーザーは、スタック全体の監視、デバッグ、および改善が可能で、30以上の機能を含むNew Relicオブザーバビリティプラットフォームにフルアクセスできます。このフルプラットフォームユーザータイプは、アプリとシステムの稼働時間および信頼性を担当するエンジニアや、高度なトラブルシューティング機能を必要とするエンジニアにとって理想的です。New Relicの顧客は、一度に1種のエディションのみを利用できます(ProまたはEnterprise)。つまり、すべてのプラットフォームユーザーが一度に単一のエディションを使用することになります。
ベーシックユーザー
無料
$0
標準
$0
Pro
$0
Enterprise
$0
コアユーザー
無料
X
標準
$49/ユーザー
Pro
$49/ユーザー
Enterprise
$49/ユーザー
フルプラットフォームユーザー
無料
ファーストユーザー無料
標準
$10/最初のユーザー$99/追加ユーザー(最大5名)
Pro
$349/ユーザーあたり (年額) $418.80/ユーザーあたり (月額)
年次契約に基づく。価格は変動の可能性あり。詳細情報
Enterprise
$549/ユーザーあたり (年額) $658.80/ユーザーあたり (月額)
年次契約に基づく。価格は変動の可能性あり。詳細情報
無料
今すぐ始める今すぐ始める
標準
標準価格設定を使用 標準価格設定を使用
Pro
Enterprise
詳細を問い合わせる 詳細を問い合わせる

アドオンとバンドルで監視を最大化(オプション)

さらに多くの機能が必要ですか?機能をバンドルで、さらに割引で利用できます

  • 30以上のプラットフォーム関連機能 
  • データ保持期間の延長
  • EUデータセンター
  • Syntheticモニタリングチェック
  • ボリュームディスカウントと価格保証

New Relicの価格設定に関するよくある質問

New Relicは機能制限のない無料プランを提供しています。お客様は世界最高のソフトウェアチームが使用しているものと同じクラウドベースのオブザーバビリティを実現できます。

当社の無料プラン(毎月)には以下が含まれます。

  • フルプラットフォームユーザー1名、スタック全体の視覚化、分析、トラブルシューティング機能、分散トレーシング搭載のAPM、インフラ監視、エラー追跡、デジタルエクスペリエンス監視(DEM、ブラウザ、モバイル、外形監視)、ログ管理、サーバーレスモニタリング、AIOpsをはじめとする30以上のNew Relicプラットフォーム機能のすべてにアクセスできます。
  • 無制限のベーシックユーザーは、データ取り込み、クエリ、ダッシュボード、およびアラートを利用できます。
  • New Relic脆弱性管理機能など、100GBデータの取り込み
  • 8日以上の標準データ保持期間
  • デフォルトのLog Obfuscation(ログに含まれる既知のクレジットカードと社会保障番号のパターンを自動的にマスクします)
  • 無制限のpingモニターと500回の外形監視

今すぐ開始できます—クレジットカードは不要です。

お使いのアカウントで月間100GBの無料データ取り込み量85%の上限を超えると、メールが送信されます。同時にプラットフォームの画面にも表示され、クレジットカードなどの請求情報を入力し、利用規約に同意した上で、Proへアップグレードいただけます。Enterpriseへのアップグレードについては、お問い合わせください。有料版にアップグレードするまで、またはデータの取り込みとプラットフォームへのアクセスの両方が再び有効になる翌月の1日まで、当月の無料の100GBデータ取り込み量を超えると、データの取り込みが停止され、プラットフォームへのアクセスが失われます。

いいえ。New Relicのユーザーと使用量に応じた価格設定では、お客様はホストやCPUの数をカウントする必要はありません。シンプルな価格設定は、ユーザーとデータの取り込みというコアとなる2つのメトリクスに基づいているため、料金の対価を簡単に把握できます。そのため、データはお客様が必要なだけ料金を支払い、必要なエンジニアの数分のお支払いで済みます。それにより、エンジニアは30以上のオブザーバビリティ機能にアクセスできます。New Relicは、(テレメトリーベースの価格設定と組み合わせて)ユーザーベースの価格設定を提供する唯一のオブザーバビリティベンダーです。また、New Relicでは、ユーザーに必要な機能によって価格を段階的に設定しています。これにより、すべてのエンジニアへのオブザーバビリティ提供を可能にします。

このシンプルなモデルは、従来のホストベースの価格設定よりも優れていると認識されています。New Relicには、無制限のホスト、エージェント、コンテナ、デバイス、AWS Fargateタスク、クラウド機能などが追加料金なしで含まれています。

ホストベースの価格設定、ユーザー数と使用量ベースの価格設定の比較の詳細については、オブザーバビリティ実現のための最適な価格設定と課金モデルについてのホワイトペーパーをご覧ください。ユーザーベースの価格設定とホストベースの価格設定のFull-Stack Observabilityコストの比較を表示します。

30以上のNew Relicオブザーバビリティプラットフォーム機能へのアクセスは、ユーザータイプによって決定されます。

  • 無制限の無料ベーシックユーザーは、カスタムダッシュボード、クエリ、アラート、インストルメンテーションへのアクセスが可能です。このベーシックユーザータイプは、パフォーマンス・ダッシュボードまたはアラートステータスの可視性を必要とするプロダクトマネージャー、エンジニア、およびエグゼクティブにとって理想的です。
  • コアユーザー(ユーザー1名につき49米ドルから)は、New Relic CodeStreamインテグレーション、エラー追跡、ログなどを通じて、ベーシックユーザーが使用できるすべてのデータのほか、IDE内のテレメトリーデータにもアクセスいただけます。このコアユーザータイプは、本番環境および本番以前の環境でのコードのパフォーマンスに可視性が欲しい開発者や、DevOpsおよびサイト信頼性エンジニアリング(SRE)チームと問題について協働する開発者にとって理想的です
  • フルプラットフォームユーザー(ユーザー1名につき$10から)は、スタック全体の監視、デバッグ、および改善が可能。ディストリビューティッド(分散)トレーシング搭載のAPM、インフラストラクチャ監視、デジタルエクスペリエンス監視(ブラウザ、モバイル、合成モニタリング)ログ管理、脆弱性管理、AIOpsなど、30以上のNew Relicプラットフォーム機能すべてにアクセスできます。このフルプラットフォームユーザータイプは、アプリとシステムの稼働時間および信頼性を担当するエンジニアや、高度なトラブルシューティング機能を必要とするエンジニアにとって理想的です

ユーザータイプ別の権限の比較表をご覧ください。

New Relicは、処理後に組織がプラットフォームに保存したデータ量に基づいて、データ取り込みコストを計算します。これには、より多くのオブザーバビリティの価値を提供するために、New Relicに送信された生データに対するデータ変換およびトリミングルールの適用が含まれます。送信および取り込むデータの量をカスタマイズできます。

データ取り込みコストを見積もる方法を確認する。

データオプションによりデータ保持期間は異なります。Data Plusには、ほとんどの種類のデータで、初期設定よりも90日間長い保持期間が含まれています。比較表を確認する

無料です。当社は競合他社と異なり、データ送信(エグレス)やデータハイドレーションに課金しません。すべてのデータがインデックス付けされてクエリの使用準備が整います。

はい。以下のような請求対象となるアドオンのオプションをいくつか提供しています。

請求対象のアドオンに加え、Data Plusオプションは、最適化されたパフォーマンス、規模、セキュリティ、ガバナンスのための高度なデータ性能を提供するバンドルです。

New Relicオリジナルのデータオプション(データ量が毎月100GBの無料枠を超えると1GBあたり0.30米ドル課金)とData Plusオプション(毎月100GBの無料枠を超えると1GBあたり0.50米ドル課金)のいずれかをご選択いただけます。月あたり0.05米ドル/GBの追加料金で、欧州連合(EU)データセンターにデータを保存することも選択できます。

New Relic Data Plusは、以下のような高度なパフォーマンス、ガバナンス、コンプライアンス機能にアクセスする必要がある、あらゆる規模のチームを対象としています。

  • データ保持期間を初期設定よりも90日間延長: データインデックスの作成と各データソースの保持に対して個別に追加料金を支払うのではなく、New Relicに長期保存するデータを、データタイプ毎に月額追加費用を支払うことなくお使いいただけます
  • 1クエリあたりの最大時間は10倍、最大クエリ数は3倍:元のデータオプションの1クエリあたり60秒から、GraphQLフォーマットAPIでは最大10分、通常のNRQLクエリビルダーでは2分となります。バックグラウンドでクエリを実行して、ブラウザやHTTPのタイムアウトのような問題による発生を防ぐことができます。また、Data Plusの一環として、クエリは1分あたり最大1000億のデータポイント、15分あたり1兆のデータポイントを検査します。これを、1分あたり100億のデータポイント、30分で3000億のデータポイントという元のデータオプションと比較してみてください。Data Plusはクエリの改善を行い、トラブルシューティングに要する時間を短縮し、オブザーバビリティの実施を拡張することができます
  • FedRAMP ModerateとHIPAAの適格:New Relic Data Plusオプションを使用すると、Enterpriseエディションのお客様は、FedRAMPとHIPAAコンプライアンスに役立つ追加のセキュリティ設定をリクエストできます。これは、高度な規制を必要とするお客様に特に役立ちます
  • 強化されたログの難読化:ログ管理UIでログの難読化ルールを直接追跡し、機密ログデータ(個人を特定できる情報(PII)、アクセストークン、その他のプライベートデータや規制対象データなど)の匿名識別子を作成できます
  • New Relic脆弱性管理:サポート対象のNew Relic APMエージェントを使用すると、追加設定なしで、継続的なランタイムソフトウェア要素の分析(SCA)と脆弱性評価の優先順位付けを取得できます。サポート対象アプリケーションの依存関係全体で共通脆弱性識別子(CVE)を即座に検出します。既存の評価ツールから脆弱性データを簡単にインポートして、DevOpsチームとセキュリティチーム全体のソフトウェアの脆弱性をコンテキスト内の単一ビューで表示します。
  • 強化されたストリーミングと履歴データのエクスポート:履歴分析とモデリング、長期保存、その他のデータ分析プラットフォームとの統合を目的に、New Relicデータを外部の宛先に簡単にエクスポートします。

Data Plusについての詳細を見る

はい。 New Relicは、ProおよびEnterpriseエディションのお客様に、コミットメント契約オプションを提供します。これには、ボリュームディスカウント、予測可能、スケーラビリティ、柔軟性を提供するボリュームプランとセービングプランがあります。セービングプランは、年間または複数年間資金プールを使用して、期間全体にわたって任意の組み合わせで使用できます。さらに、New Relicは、使用しなかった分について、最大12ヶ月の自動ロールオーバーを提供する唯一のオブザーバビリティベンダーです。

New Relicのコミットメントオプションに関する詳細を見る。

恐れ入りますが、弊社までお問い合わせください。お問い合わせください。Proエディションの従量課金制オプションについては、当社にお問い合わせください。

従量課金オプションは、恐れ入りますが現在扱っておりません。価格体系をよりシンプルにするために、年間契約消費型のモデルを採用しています。

月あたり0.05米ドル/GBの追加料金で、EUデータセンターにデータを保存できます。外形監視のチェックがデフォルトの回数を超えた場合は、チェックあたり0.005米ドルで利用可能です。オリジナルのデータオプションを選択した場合、New Relic脆弱性管理を0.10ドル/GBで追加できます(Data Plusオプションには脆弱性管理が含まれています)。

ツールを使用するといつでも、New Relicプラットフォームでの毎月の請求関連の使用状況を照会、追跡、およびアラートできます。

はい。 New Relicには、非営利組織向けのObservability for Goodプログラムがあり、スタートアップ向けNew Relicは、初期段階のスタートアップが次の素晴らしいアイデアを構築し、拡張するお手伝いをします。

New Relicはお客様のデータのセキュリティに深くコミットしています。当社は、業界標準のセキュリティ技術と包括的なポリシーおよび統制を使用して、お客様が依拠するすべてのデータを安全に保管します。

また、EUの一般データ保護規則(GDPR)およびカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などのデータ保護法に従って、New Relicに対して個人データをリクエストできます。さらに、お客様はData PlusおよびEnterpriseエディションでの有資格のアカウントおよびサービスのために、HIPAAおよびFedRAMP準拠のデータ暗号化およびセキュリティをリクエストすることもできます。

恐れ入りますが弊社までお問い合わせください。

関連資料