ビルドの品質を向上し、可用性を確保

  • 数千か所のパブリックロケーションとプライベートロケーションのトラフィックをシミュレートして、問題をプロアクティブに検出し、解決
  • URL、API、サービスのパフォーマンスが最適でない場合にアラートを送信。アップタイムを自動的に追跡してレポートを簡素化
  • ビルド自動化とCI/CDパイプラインで、新規または最新の関連するsuntheticsモニターを使用し、高性能なデプロイメントを実現
重要なエンドポイントのアップタイムと可用性を先回りして確認
フルスタックのコンテクストでより迅速なトラブルシューティング

フルスタックのコンテクストでより迅速なトラブルシューティング

  • アプリケーション、サービス、Kubernetes環境の健全性に、エンドポイントの障害がどのように関連しているかを特定
  • 問題の原因が、AWSの障害にあるのか、サードパーティのリソース遅延なのか、自社のバックエンドサービスやインフラにあるのかを特定
  • ユーザー中心のパフォーマンスメトリクス(First Contentful Paintや長時間実行されるタスクなど)を使用して、エンドユーザーエクスペリエンスを向上

本番環境ライフサイクル全体でパフォーマンスを最適化

  • Syntheticsテストを活用して、本番前のコードに関するエラーや問題を排除
  • 競合他社と比較してページ速度を評価し、遅いサードパーティリソースを隔離し、すでに稼働しているページを調整
  • 次世代ランタイムを使用して、最新のブラウザでSyntheticsテストを実行
New Relic製品スクリーンキャプチャ

関連資料