Synthetic モニタリング(外形監視)とは?

リアルユーザーに向け、エラーが発生する前にアプリケーションをテスト

Improve builds
構築されたソフトウェアの品質を向上

パフォーマンスが低下しているURL、API、サービスなどのエンティティを事前に検知 

Troubleshoot faster
トラブルシューティングを迅速化

スタック全体をモニタリングし、エンティティマップから直接影響を受けているサービスを正確に把握

collaboration
コラボレーションを容易に

影響を受けたテストが自動的に生成した問題を解決するため、共同で取り組む  

make CFO happy
CFOをいつでもhappyに

期間限定無し、無料のPingチェックを獲得し、アドオンの価格設定の透明性をお試しください。 

ユーザージャーニー全体をシミュレーション

  • 数千ものパブリックおよびプライベートロケーションにおけるトラフィックをテストし、公開する前に問題を解決
  • さまざまなデバイス、ブラウザ、OSのユーザーの動作をシミュレーションし、パフォーマンスが低いものを把握
  • Synthetic モニタリングを追加することでピークパフォーマンスに備え、自動化を進め、CI/CDパイプラインを構築
 
ワークフローのベースラインの確認を表すトリアージマップ

スタック全般のトラブルシューティングを即座に実行

  • エンドポイントの不具合がアプリケーション、サービス、およびKubernetes環境の健全性にどのように影響を与えるのかを特定
  • 問題の原因がAWSの障害なのか、サードパーティのリソースなのか、自社のバックエンドサービスやインフラなのかを特定 
  • Synthetic テストに影響を及ぼしているすべての依存関係を確認し、すばやくブラウザモニタリングに切り替え、解決

本番環境のライフサイクル全体でピークパフォーマンスが発揮可能に

  • アラートとAIを使用すると、AIOps全般で合成チェックから自動生成チケットへの切り替えを容易に 
  • New Relicの次世代ランタイムを使用して、最新のブラウザで合成テストを実行 
  • スケジュール化された定期チェックを使用して、本番環境移行後のアップタイムおよび機能上の問題をより迅速に把握
合成チェックのクエリで発見された問題を示す画面

アプリケーションテストをすぐに始める準備はできていますか?

New Relicのクラウドサービス、ツール、サービス向け即時インテグレーションがテストを容易に

30+機能は固定価格でご利用いただけます
コストまでもシンプルになりました。

詳細については
以下のリソースをご覧ください。