セキュリティデータを統合し、ブラインドスポットを排除しましょう。

Configurations icon
ゼロコンフィグのセキュリティに関する洞察

追加設定なしで、実用的なセキュリティ情報を入手しましょう。

 

Import security signals icon
セキュリティシグナルを容易にインポート

既存のツールセットを使用し、オープンエコシステムにデータを追加。

cve presence icon
CVEの有無を即座に評価。

状況に応じてソフトウェアスタック全体のセキュリティリスクを評価。

Bridge development security icon
開発とセキュリティを一体化する。

ソフトウェアシステムの脆弱性を軽減。

ソフトウェア開発をセキュアに

コードの1行目から、よりセキュアに。

  • サードパーティのライブラリ内の脆弱性を自動識別
  • 既知のCVE(共通脆弱性識別子)に基づき、APMサービス内で推奨されるライブラリアップグレードを確認
  • 継続監視により、迅速な問題解決が可能に
New Relic製品スクリーンキャプチャ
重ねられたダッシュボードの画像
継続的なソフトウェア要素の分析

開発速度を向上。

  • CI/CDパイプラインを推進する。アプリケーションを確認しなくても、常に入力される内容を把握
  • 実行時の脆弱性検出を数日ではなく、数分で実施
  • ライブラリをサポートする上での潜在的なエクスプロイトを優先付けて、セキュアな開発ライフサイクルを提供
組織内の全員に安全性を確保

セキュリティに関するチームの連携を改善。

  • 偶発的な脆弱性を阻止。DevOps、SRE、InfoSecチームのセキュリティに関する知見を統合
  • 潜在的なセキュリティインシデントの運用リスクとビジネスリスクに関する各チームを連携
  • 既知の脆弱性による侵害を防ぎ、スタック全体のセキュリティリスクを低減
個人のプロフィール画像が重ねられた脆弱性ダッシュボード
セキュリティワークフロー

複数のツールで、どれを先に確認すべきか迷うのはもう終わりです。

  • 開発、運用およびセキュリティチームを連携
  • 会社、チームまたは要素レベルにおける脆弱性を優先付け、追跡、報告
  • DevOpsワークフローに組み込まれた自動リスクスコアにより、引継ぎ手順を改善

現在のセキュリティツールを統合する準備はできていますか?

信頼できる評価ツールから、数クリックで、さらなる価値と統合された知見を獲得しましょう。

お客様の声

Only pay for what you need,
not a bundle of SKUs

  • Transparent user-based pricing
  • 100 GB/Month free data
  • $0.30 per GB as you grow
  • Start now for free

さらに詳しくお知りになりたい場合は
以下のリソースをご覧ください。