過去40年間で、私は真に破壊的な技術を3つ目撃してきました。1990年代はじめのワールドワイドウェブ(WWW)、2007年のスティーブ・ジョブスのiPhone発表、そして数か月前に登場し、いまや史上最速で成長しているアプリケーション、ChatGPTです。

これら3つのテクノロジーには、ひとつの共通する特徴があります。それは無限のイノベーションのフラクタルであるということです。言い換えると、別の業界や企業、ユースケースにどうやって適用できるかを考えれば考えるほど、生まれるアイデアの数が増えていき、無限にアイデアが増産されていきます。限りないイノベーションは、膨大な価値創造の機会を生み出します。これは、ウェブとiPhoneが登場して以来、何兆ドルもの株主価値が数十年にわたり実現されてきた通りです。

イノベーションは、イノベーション自体に促されて速度を増し続け、加速の好循環を生み出します。考えてみてください。ワールドワイドウェブは1億人のユーザーを獲得するまでに7年かかり、iPhoneのApp Storeは2年強、そしてChatGPTはたった2か月でそれを突破したのです。

ウェブとiPhoneが登場したとき、企業はウェブサイトやモバイルアプリに投資し、ビジネスプロセスを再構築することで、顧客と対話する新しい方法を模索する必要に迫られました。結果として、New Relicのような企業に、世界のよりよいアプリケーション構築を支援していくというチャンスが生まれました。そのウェブやiPhoneと同様に、企業は生成AIについて、AI戦略の構築に真剣に取り組み、しかも迅速なアクションが迫られています。New Relicは、それを支援する立場にあります。

生成AIの力

生成AIとは、既存パターンから新たなデータを生成できる人工知能モデルのことを指します。これらのモデルでは、リアルな画像から論理的な一連の文章まであらゆるものを生成でき、さまざまな業界にわたる可能性の世界を開いています。また、既存のソリューションに比べて桁違いに効率的な速度と規模でデータを合成し、理解することができます。かつてのウェブやiPhoneと同様、生成AIはイノベーションの新たな波を起こし、企業や消費者に対する新しい機会を生み出します。

このブログでは、オブザーバビリティ業界に2つの多大な影響を及ぼすであろう生成AIの力と、その可能性を探ります。

  • 顧客システムのテレメトリデータをベースに、実用的なインサイトを顧客に提供する能力を向上させる
  • 企業が独自の生成AIシステムとその性能を構築し、維持する方法を確立する

生成AIとオブザーバビリティ業界

生成AIの急速な発展が進むこの状況下で、オブザーバビリティ業界が生成AIを導入し、新たな課題や機会を満たすべく進化させていくことはきわめて重要になっています。生成AIがオブザーバビリティ業界を再構築していくための方法は2つあります。

1. 生成AIは、実用的なインサイトを提供する方法を変革する

生成AIは、膨大な量のデータをすばやく効率的に分析できるため、企業はより多くの情報に基づく決定を行えるようになります。結果として、企業は潜在的なボトルネックに対処し、ソフトウェアシステムを最適化してパフォーマンスを向上できます。

また、生成AIは反復タスクの自動化とワークフローの最適化を助け、オブザーバビリティプロセスを能率化して貴重な時間とリソースを省力化します。

生成AIは、深い洞察へのアクセスを劇的に簡素化します。高度なクエリインターフェースの専門知識は不要になり、オブザーバビリティの力をすべてのアプリケーション開発者、SRE、プロダクトマネージャー、そしてQAエンジニアへと民主化します。

これらのAI性能を製品に統合することで、New Relicは企業が自社のソフトウェアシステムを最適化し、問題の診断や解決に費やす時間を短縮するのを助けます。

2. 競争優位性を保つため、企業は独自のAI戦略の構築を必要とする

インターネットやスマートフォンが現代のビジネス戦略を形成したのと同様に、生成AIはあらゆる企業の成長戦略に必須の要素となります。企業は、このAI駆動技術の新時代において競争優位性を維持するため、それに適応し、変化していかなければならず、取り残されることになります。

企業は、生成AI性能の導入を急速に進めるなかで、これらの新機能の維持、監視のためにオブザーバビリティ製品へ投資する必要性が生じます。プロンプトエンジニアリング、競合する大規模言語モデル、ファインチューニング、そしてフィードバックループはすべて、卓越したユーザーエクスペリエンスを届けるために欠かせない要素です。また、これらの新技術の一つひとつが、AI駆動の技術がもたらす特有の課題に対応できる高度なオブザーバビリティソリューションの需要を加速させます。

生成AIの監視

今後の需要に応えるため、オブザーバビリティソリューションはAIシステムの複雑さと拡張性に対応できる能力を備えていかなければなりません。さらに、倫理的で責任あるAI使用を保証するため、ガバナンス実施に向けた一連の新たなツールやフレームワークも求められます。

New Relicではすでに、企業が信頼性あるAIシステムを構築、維持できるようにするための、AIに特化したオブザーバビリティソリューションの開発を進めています。そのなかで、継続的なイノベーションとリサーチ、さらにあらゆるタイプの開発者やプロダクトマネージャー、研究者とのコラボレーションが生まれます。

今後も生成AIが牽引力を増していくなかで、オブザーバビリティ業界はそれに順応し、進化していく態勢を整えなければなりません。つまり、新技術を積極的に受け入れ、パートナーシップを構築し、企業が効果的に生成AI機能を構築、監視、最適化していけるよう、時代の先頭に立ち続けていく必要があるのです。

大再編のときが迫っている

今こうしている間にも、生成AIの力を受け、あらゆる業界で変革が進んでいます。政府も気づき始め、ベンチャーキャピタルはAIイノベーションに投資し、新たな自然言語インターフェース全体が機械との関係性を再定義しています。スタートアップが出現して生成AIとその進化の軌跡に乗って何ができるかを再構築し、マーケットリーダーたちを混乱させるでしょう。既存のビジネスモデルのサステナビリティについて、彼らは難しい選択を迫られることになるはずです。

この新たなイノベーションを迎えるにあたり、オブザーバビリティ企業がこの技術的シフトの最前線に立って成長と変化を推進していくことが重要になります。このデジタルトランスフォーメーションは、すべての業界の進化を促すからです。そのアプリケーションを使いこなす者が新たなマーケットリーダーとなり、これに抵抗する者は取り残されるでしょう。これが今後数年間の「大再編(Great Reshuffle)」を引き起こし、AI駆動のアプローチは市場における新たな序列を確立していきます。

変容を促す生成AIのパワーは否定しがたく、オブザーバビリティ業界が塗り替えられる可能性については疑いようがありません。オブザーバビリティ企業は、膨大な量のデータを取り込んで分析やレポート、アラートを提供することで、顧客がそのデータからパターンや異常を特定し、予測するのを支援します。これを人間よりも巧みにこなす存在がAIであり、モデルを駆動させるエンジンや、モデルそのものが飛躍的に速く、より強力になっています。AIがオブザーバビリティにおいて中心的な役割を果たすのは必然であり、顧客はAI駆動のソリューションでしか実現できない機能性を求めるようになるでしょう。AIの性能を当社の提供サービスと統合し、カスタマイズされたオブザーバビリティソリューションを開発することで、私たちは次世代のオブザーバビリティをリードし、ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるリーチと重要性を拡大していこうと考えています。

生成AIはすでに、ビジネス、文化、創造性、そしてコミュニケーションを変容させつつあります。それは私たちの生活のあらゆる側面に関わっています。同様に、オブザーバビリティ業界をも変容させていくでしょう。この技術と多大な可能性を歓迎することで、誰もがよりつながった、効率のよい、革新的な世界を実現していけるのです。

Gartner Report
Gartner GenAI report promo image
Predicts 2024: Generative AI Will Transform IT Infrastructure and Operations
View Report View Report