APM

New Relic による Arm/Graviton2 のサポート状況

公開済み Updated 所要時間:約 0分

New RelicではArm/Graviton2 のサポートを進めています。

Infrastructure Agentや各種APM Agentでのサポート状況をご確認ください

Arm/Grabiton2 CPUは 次のバージョン以降のAgentでサポートされています。

※ New Relicでは常に最新のAgentをご利用いただくことを推奨しています。

Arm/Graviton2 対応Agent
Agent バージョン 備考
Python agent v6.8.0.163 利用には pip 19.3 以上が必要です。
Ruby agent v8.0.0 Ruby 3.0.2 以上の環境でご利用いただけます。
Node agent v8.5.0 Grabiton2 環境でテストされています。
.NET agent v9.1.0.0 .NET5.0を使用するLinux 環境でサポートされます。
Go agent v3.15.1 Go Agentは、OSに依存しないGoで実装され、Go 1.17以上のARM64 / Graviton2 環境でサポートされます。
PHP agent v9.18.1.303 Amazon Linux2およびCentOSLinux 8でのみサポートされます
Java agent v7.4.0  
Infrastructure agent v1.20.6 Amazon Linux 2, CentOS 7 、 8, Ubuntu 16.04、18.04 、20.04, Debian 8、 9 、10 

 

New Relic ではx86_64 環境だけでは無く、Arm64環境やAWS Grabiton2 環境でもご利用いただけます。

最新版のAgentをご利用いただき、よりコスト効率が高い構成でもObservabilityを実装してください。