Presentation

LOWYA旗艦店における事業成長とサービス品質向上の両立を目指すSREの挑戦

資料ダウンロード

年間200億円近い売上を持つ家具・インテリアECサイト「LOWYA(ロウヤ)」を運営するべガコーポレーションは、柔軟で拡張性のあるECサイトの構築を目指し、2020年8月に旗艦店ECシステムをパッケージからコンテナベースの自社開発システムにフルリニューアルしました。

そして、新たなECシステムのサービス品質を向上するために、オブザーバビリティの実現を目指してNew Relic Oneを導入、活用を進めています。

事業戦略である自社ECサイトへの販売シフト、年商1,000億円規模への事業拡大のためになぜ旗艦店ECシステムの開発・移行が必要だったのか、また売上拡大とサービス品質の維持・向上を両立させるためにベガのSREチームがどのような運用を実践しているのかをご紹介します。

年間200億円近い売上を持つ家具・インテリアECサイト「LOWYA(ロウヤ)」を運営するべガコーポレーションは、柔軟で拡張性のあるECサイトの構築を目指し、2020年8月に旗艦店ECシステムをパッケージからコンテナベースの自社開発システムにフルリニューアルしました。

そして、新たなECシステムのサービス品質を向上するために、オブザーバビリティの実現を目指してNew Relic Oneを導入、活用を進めています。

事業戦略である自社ECサイトへの販売シフト、年商1,000億円規模への事業拡大のためになぜ旗艦店ECシステムの開発・移行が必要だったのか、また売上拡大とサービス品質の維持・向上を両立させるためにベガのSREチームがどのような運用を実践しているのかをご紹介します。