New Relic、SREのベストプラクティスであるサービスレベル管理を 容易に実現する Service Level Management の機能提供を開始

ワンクリックのSLI/SLO設定やレコメンデーション機能により、 開発・運用・ビジネスの責任者の共通言語となるサービスレベル管理を支援

screen shot of the service levels details page in New Relic
2022年 5月 17日

デジタルビジネスに可観測性プラットフォームを提供するNew Relic株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小西 真一朗、以下「New Relic」)は、あらゆるエンジニアがシステムの稼働時間と信頼性を維持・向上するためにSREのベストプラクティスを運用できるようにするService Level Management(以下「SLM」)の提供を開始しました。New Relic One をすでに利用されているお客様は、追加のコストやライセンスなしでSLMをすぐに使用できます。

■SLM提供開始の背景と機能

競争力の高い企業は今、サービスレベル指標(Service Level Indicator、以下「SLI」)やサービスレベル目標(Service Level Objective、以下「SLO」)をエンジニアチームの管理指標として観測することで、ソフトウェアのリリース頻度を上げながらも、顧客に影響がある問題の発生を抑制することに成功しています。また、SLIに付随して算出されるエラーバジェットを用いることで、開発者、運用者、ビジネスの責任者の三者間で許容されるリスクを定量化し、攻めの開発や運用、適切なリソースの投資が可能となります。しかしシステムから提供される大量のデータの中から「どのシステムデータの指標がサービス遅延やエラーの影響を特定してくれるのか」を判断するのは容易ではありません。そこで New Relic は複雑な作業を必要とすることなく、お客様のシステムにおけるサービスレベル管理を瞬時に実現するSLMを生み出しました。SLM には以下の機能が含まれています。

  • SLI/SLO 自動設計と実装

ワンクリックでSLIを作成し、SLOの設定に必要なパフォーマンスと信頼性のベースラインを自動的に決定します。履歴データを利用した推奨事項を使用して、ベンチマークを確立し、SLIとSLOをカスタマイズおよび構成します。

service_level_management_1
  • 統一されたレポートとアラート

SLI/SLOとSLOに連動するエラーバジェットを、統一された明快なダッシュボードで監視し、アラートします。これらの測定値を顧客向けのSLA(Service Level Agreement)に結び付けて、コンプライアンスを確保します。

service_level_management_2
  • 無料提供

SLMの機能は、Free Tierを含むすべてのNew Relic Oneユーザーの方に追加のコストやライセンスなしでご利用いただけます。

■プレビュー期間にSLMを使用したお客様からコメント

NTTドコモ株式会社 SRE 宮川 倫 氏

「本当に数クリックで登録できるので、とても便利でした。利用ハードルが低いので、難しく考えず“自分のシステムの可用性“の可視化、SLO設定の目安にも使えます」

株式会社ぐるなび Chief Tech Lead 岩本 俊明 氏

「そもそも、SLAのダッシュボードを作ること自体が大変であり、運用はさらに大変です。しかしこうして個別の指標をワンクリックで設定できるのは驚異的です」

株式会社SmartHR 全社Ops クラウド基盤ユニット 藤村 宗彦 氏

「今まで取れなかった指標が本当に簡単に取れるため、容易にシステムの現状と改善先を把握できるようになった。」

株式会社ニューズピックス SRE安藤 裕紀

「SLMは一つの設定で短期・中期・長期のSLOモニタリングを容易に行えるため、対策の優先度や緊急度を判断するのに非常に役立っています」

BASE株式会社 SRE 長澤 侑野 氏

「既存システムに対して副作用なく気軽に設定でき、システムの現状と現状に対する我々の期待値や運用時の肌感との比較から問題提起を促してくれるため大変有用です」

New Relic CEO ビル・ステイプルズ コメント

「私たちの使命は、すべてのエンジニアが感覚的な意見ではなくデータに基づいて最善の仕事をするのを支援することです。New Relic Oneに追加された SLM により、エンジニアはSREのベストプラクティスを採用して運用できるようになり、標準化された信頼性と稼働時間の測定が、ソフトウェア開発ライフサイクル全体において重要な役割を果たすようになります。New Relic はすべてのお客様がこの機能を採用し、New Relic Oneへの投資からより多くの価値を実現し、更なる成長へ貢献できることを光栄に思います。」

New Relicについて

New Relicは、オブザーバビリティのリーダーとして、優れたソフトウェアの計画、構築、デプロイ、実行に対するデータ駆動型のアプローチでエンジニアを支援しています。New Relicは、エンジニアがあらゆるテレメトリ(メトリクス、イベント、ログ、トレース)を取得できる唯一の統合データプラットフォームを提供し、強力なフルスタック分析ツールとの組み合わせにより、エンジニアが意見ではなくデータを用いて最高の仕事をできるよう支援します。New Relicは、直感的で予測可能な価格体系を採用しています。計画サイクルタイム、変更失敗率、リリース頻度、平均解決時間の改善を支援することにより、エンジニアに高い費用対効果をもたらします。American Red Cross、Australia Post、Banco Inter、Chegg、Gojek、Signify Health、TopGolf、World Fuel Services (WFS)、Zaloraなどの世界有数の企業がNew Relicをお使いいただいています。お客様が稼働時間と信頼性を向上し、運用効率を高め、革新と成長を促す優れた顧客体験を提供する支援をしています。www.newrelic.com

メディアコンタクト

メディア関係

New Relic株式会社 マーケティング部

03-4577-9065

japan_marketing@newrelic.com