三越伊勢丹システム・ソリューションズ、「三越伊勢丹オンラインストア」にオブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」を採用

EC関連売上57.5%増の三越伊勢丹グループのオンラインビジネスを加速させるDevOps体制を強化

IMS_logo-pr
2021年 11月 4日

デジタルビジネスに可観測性プラットフォームを提供するNew Relic株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小西 真一朗、以下「New Relic」)は、株式会社 三越伊勢丹システム・ソリューションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:箕輪 康浩、以下「三越伊勢丹システム・ソリューションズ」)が、ECサイト「三越伊勢丹オンラインストア」にオブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」を導入したことを発表します。

 

導入の背景と経緯

三越伊勢丹グループのオンラインビジネスが急成長を続けています。2020年5月にリニューアルした「三越伊勢丹オンラインストア」をはじめとする2021年3月期のEC関連の売上は、前期比57.5%増となる315億円を達成しました。三越伊勢丹システム・ソリューションズは、三越伊勢丹グループのIT/デジタル領域における戦略的なミッションを長年にわたり担っており、デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環としての「三越伊勢丹オンラインストア」のリニューアルでもシステム開発の中心的な役割を果たしています。

三越伊勢丹グループのオンラインビジネスは、実店舗へお客様を誘導するための施策から、実店舗でのビジネスと融合し相互に補完する役割へと大きく進化しました。オンラインと実店舗がシームレスにつながる新しい顧客体験を創造するために、ECサイト「三越伊勢丹オンラインストア」のリニューアルをはじめ、顧客向け・従業員向けのスマートフォンアプリの開発、クラウドアプリケーションとオンプレミスの業務システムを連携させるAPI群「ビジネス・プラットフォーム」の開発など様々な取り組みが進められています。

オブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」は、三越伊勢丹システム・ソリューションズが開発・運用するシステムにおいて、クラウドネイティブな環境を起点にモニタリングをシンプル化し、サービス基盤やアプリケーションの不具合をいち早く検知可能にしています。

 

New Relic Oneの導入と想定効果

三越伊勢丹システム・ソリューションズが採用したオブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」は、ECサイトの「三越伊勢丹オンラインストア」、AWS上に構築された「ビジネス・プラットフォーム(API基盤)」「各種スマートフォンアプリ」を対象にモニタリングを行っています。

New Relic Oneにより、フロントからAPIへのアクセスとデータベースクエリまでを横断的に可視化し、アプリケーションプロセス上のボトルネックやコードの不具合も即座に特定することで、これまで解決に数時間を要していたような問題が数分にまで短縮されました。また、NRQL(New Relic Query Language)を利用して、New Relic Oneが収集するメトリクス、イベント、ログのうち、欲しいデータを見たい形式や切り口で可視化することで、New Relic Oneはパフォーマンス計測や障害対応に加え、チーム内での報告や情報共有にも有効活用されています。

三越伊勢丹システム・ソリューションズがオブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」を採用した決め手は、アプリケーションパフォーマンス管理(APM)の有効性とモニタリング対象の網羅性です。何らかの不具合が発生したときに、アプリケーションのプロセスで何が起こっているのかを一目瞭然にし、原因がどこにあるのかを即座に特定できる優位性が高く評価されました。同社では、将来的にシステム監視ツールのサイロ化を一掃し、統合的なモニタリング環境を実現する計画です。

 

株式会社 三越伊勢丹システム・ソリューションズICTプラットフォーム部長の唐沢 猛氏は次のように述べています。

「オンプレミスからクラウドへのシフトは、三越伊勢丹システム・ソリューションズという企業の価値創造モデルにも変革を迫るものです。三越伊勢丹グループのビジネスに貢献するIT/デジタルサービスを提供していくために、DevOpsが根づいた組織に生まれ変わることが求められています。私たちはNew Relic Oneの活用を進めながら、全社を挙げてDevOpsへの取り組みを加速させていきます」

 

New Relic株式会社 代表取締役社長 小西 真一朗 は次のように述べています。

「三越伊勢丹グループ様、三越伊勢丹システム・ソリューションズ様のオンラインビジネスへのチャレンジに、New Relicが貢献できることを大変光栄に思います。オンラインと実店舗がシームレスにつながる新しい顧客体験の創造に、New Relicのエンドツーエンドオブザーバビリティ(可観測性)が将来にわたり貢献してまいります」

 

■New Relic Oneについて

New Relic Oneはお客様がより完璧なソフトウェアを作成するために構築された、最も強力なクラウドベースの観測プラットフォームです。世界中のエンジニアリングチームがNew Relic Oneを利用して、アップタイムとパフォーマンスの向上、規模と効率の向上、市場投入までの時間の短縮を実現しています。New Relic Oneには、組織がオブザーバビリティを実現するために必要なすべての機能が含まれています。

・Telemetry Data Platform:

ペタバイト規模であらゆるタイプのアプリケーションやインフラストラクチャのデータを収集、可視化することができます。これは、すべての運用データの単一で正しいソースとなるように設計されています。

・Full Stack Observability:

APM、インフラストラクチャ、ログ、デジタルカスタマーエクスペリエンスにまたがるソフトウェアスタック全体を1つのコネクテッドエクスペリエンスで簡単に分析し、トラブルシューティングを行います。

・Applied Intelligence:

インシデントを迅速に検出、理解、解決するための応用インテリジェンスが備わっています。

 

【このプレスリリースに関するお問合せ先】

株式会社 三越伊勢丹システム・ソリューションズ 経営企画部 担当:平山、前島

Email:info@ims-sol.co.jp

New Relic株式会社 マーケティング部 担当:七戸、湯原

TEL: 03-4577-9065 Email:japan_marketing@newrelic.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ New Relic PR担当:岡崎、白川、横田

TEL: 03-5269-2301 Email:newrelic@inoue-pr.com

 

New Relicについて

2008年に創業したNew Relicは、デジタルビジネスのあらゆる重要指標を観測可能にする「可観測性プラットフォーム」を提供しています。デジタルビジネスを構成するアプリケーションやインフラストラクチャーだけでなく、ユーザー側の顧客体験状況までをも観測可能にするため、企業はデジタルサービスの障害検知、顧客体験の低下検知、潜在的な問題やボトルネックを早期特定し解決するDevOpsチームを生み出します。これにより、企業は取り組むべきデジタル変革を計測可能な戦略へと変化させることができます。グローバルでは、AirbnbやGitHubなど17,000社ならびにFortune 100企業の過半数で導入されています。日本でもすでに数百社を超えるお客様のデジタル変革を支援しています。New RelicがFortune 100企業の過半数から支持されている理由はnewrelic.co.jpをご覧ください。

※New Relic は、New Relic, Inc.の登録商標です。

※本文書内の製品名および会社名は全て、それらの登録名義人の商標である場合があります。

メディア関係

New Relic株式会社 マーケティング部

03-4577-9065

japan_marketing@newrelic.com