面倒な管理不要で全てのトレースを観測

Infinite Tracing搭載のNew Relic Edgeは、アプリケーションのトレースを100%監視した後にもっとも実行可能なデータを可視化して、問題のより迅速な調査、解決を導きます。

また、フルマネージドのクラウドネイティブ環境のため、インフラ管理や他のサービスの運用の手間をかけずに、ニーズに合わせた拡張が可能です。

Edge Infinite Tracing in New Relic
Edge Infinite Tracing in New Relic

問題を迅速に発見、修正

分散システムのトラブルシューティングは、発見の困難な問題の典型です。Infinite Tracingを搭載するNew Relic Edgeは、エラーへの注力、トレースの長時間実行など、その状況で何が重要かに基づいてノイズを排除します。

運用上の負担を軽減

Infinite Tracing搭載のNew Relic Edgeは、次世代のディストリビューティッド(分散)トレーシングです。フルマネージドのため、分散システム全体のトレーシングテレメトリを、追加のインフラ不要で100%観測が可能です。

クラウドローカルでコストを低減

New Relic Edgeは、クラウドベースのワークロードと同じ地域とプロバイダで稼働するため、低レイテンシ、低コストでデータ転送が可能です。そのため、より多くのデータをInfinite Tracingに送信でき、同時にデータ流出阻止のコスト節約にもなります。

あらゆるソースからのトレースデータを使用

あらゆるソースからのトレースのテレメトリを使用できる柔軟性があります。OpenTelemetry、OpenCenus(GoPython)、Istioなどのオープンソースのトレースツールと基準をサポートする、ベンダーニュートラルなプラットフォームを顧客に提供します。

ヘッドかテールか:柔軟な選択肢

レガシーのモノリスなアプリケーションとマイクロサービスベースのアプリケーションが混在するシステムを管理する場合、それぞれモニタリング要件が異なるのが一般的です。そのため、New Relic Edgeは、ヘッドベースのサンプリングによるディストリビューティッド(分散)トレーシングとテールベースのサンプリングによる無限トレーシングのどちらを利用するかを柔軟に選択できます。

Infinite Tracing搭載のNew Relic Edge

Infinite Tracing搭載のNew Relic Edgeは、アプリケーショントレースを100%観測した後に実行可能なデータを提供し、問題をより迅速に解決できるフルマネージドのディストリビューティッド(分散)トレーシングサービスです。

プラットフォームのパワー

New Relic Oneは、リアルユーザーモニタリング(ブラウザおよびモバイル)、インフラストラクチャ、ログ、プログラマビリティ、ダッシュボードその他の全システムのトレーシングテレメトリデータに接続します。また、世界でもっとも強力なテレメトリデータベースに構築されているため、比類のない柔軟性と瞬時の検索および可視化を可能にするエンドツーエンドの可視性が得られます。

Edge Infinite Tracing in New Relic

New Relic Oneの全機能に無償でアクセスする

スタックをモニタリングできる弊社プラットフォームの全機能アクセスと、月あたり100GBのインジェストを無料で提供します。クレジットカードは不要です。