EOL

FY23 Q1 End Of Life (EOL) 情報

公開済み Updated 所要時間:約 3分

こちらのブログは、Q1 Bulk EOL Announcement (FY23)の抄訳記事です。2022年4月〜6月にEOLとなる予定を記載しております。(4/25 C SDK追記)

この四半期では、以下に記載の機能を廃止予定です。

  • 2022年4月サポート終了予定
    • Helm v2 deprecation
    • .NET Framework 4.5.2, 4.6, 4.6.1
    • RabbitMQCluster エンティティ
    • C SDK
  • 2022年6月サポート終了予定
    • APM Database Seldon Page
    • APM Summary Seldon Page

各詳細は以下に続きます。

Helm v2 deprecation

インパクトや影響

  • K8sのインストール体験や機能をHelm v3に統一していただくことができます。また、K8s KSM v2への対応など、Helm v2互換性のないプロジェクトを開始することができます。
  • 4月にリリースされる次のK8sバージョンでは、Helm v3のみのサポート予定です。

いつまでに何をする必要があるか?

 

.Net Framework 4.5.2, 4.6. 4.6.1

インパクトや影響

  • 最新のエージェントへアップグレードするため、.NETのバージョンのアップグレードを実施する必要があります。

いつまでに何をする必要があるか?

  • 2022年4月26日までに、マイクロソフトのサポートするランタイムと.NETの最新バージョンにアップグレードしてください。

 

RabbitMQCluster エンティティ

インパクトや影響

  • ディメンジョナルメトリクスご利用の新しいお客様は、RabbitMQClusterのエンティティをクリックしたときにエラーとなります。

いつまでに何をする必要があるか?

  • Rabbit MQ エンティティや、Rabbit MQ ダッシュボード(Seldon, Quickstart)に可能な限り変換してください。

 

C SDK

インパクトや影響

  • C SDKは、NewRelicエンジニアリングによるサポートが終了し、今後の機能追加やサポートリクエストの対応は行われません。C SDKのリポジトリがgithub上にて公開され、お客様が引き続き使用できるようになります。

いつまでに何をする必要があるか?

  • お客様のアクションは特に必要ありません。github上のC SDKリポジトリは引き続き提供されます。CPPアプリをお持ちのお客様は、今後、コミュニティが管理するOpen Telemetry CPPソリューションをご利用ください。

 

APM Database Seldon Page and APM Summary Seldon Page

インパクトや影響

  • 新しいNR1のUIは、Codestreamと連携し、よりモダンな方法でプラットフォームとリンクし、関係を明らかにし、重要な情報をよりよく表示します。

いつまでに何をする必要があるか?

  • 2022年6月30日までに最新のUIを採用してください。

ご質問やご不明な点がございましたら、こちらのページのコメント欄にご記入ください。