新インフラストラクチャモニタリングの提供を開始しました

公開済み 所要時間:約 7分

New Relicは、インフラストラクチャモニタリング機能の新しいUIの提供を開始しました。これにより、DevOps、SRE、ITオペレーションチームは、パブリック、プライベート、ハイブリッドなクラウドインフラストラクチャにおいて能動的に問題を識別し、解決することができます。

すべてのインフラコンポーネントを一元的に可視化する

この新しいモニタリングUIは、ユーザビリティと効率性、エンドツーエンドのプラットフォーム・コンテキストを提供し、エンジニアは問題が発生した場合のトラブルシューティングに利用できます。

新しいNew Relicインフラストラクチャ・モニタリングは、健全性に関するあらゆる問題を検知、トリアージし、トラブルシューティングする際に、運用エンジニアが抱える一般的な問題に対処します。急速なハイブリッドクラウドの採用、ワークロードのコンテナ化、マイクロサービスベースのアーキテクチャーへの移行により、エンティティ(要素)の数は指数関数的に増加しています。今日のインフラストラクチャエンティティの大部分は一時的なものであり、変更の検出を十分にできなければ管理できません。さらに、インフラストラクチャは単にITOpsの責任ではなく、今や、パフォーマンスのボトルネックを特定するため、全てのエンジニアが操作できなければなりません。当社が提供するこの新しい体験は、お客様が障害を乗り越えるのに役立ちます。既にNew Relicをお使いなら、新しいインフラストラクチャ・モニタリングUIをすぐにお試しください。

エンドユーザーに影響が及ぶ前に問題を検知する

New Relicのプラットフォームは、潜在的な問題があなたのお客様に影響を与える前に、その問題を発見します。New Relic Lookoutで、注目すべき点を正確に把握し、自動的に顕在化させた原因と影響によって、インシデントの解決方法をより早期に取得します。相関関係と異常履歴を深く掘り下げて、それがシステム全体にどのように影響するのか確認しましょう。お客様による設定は不要です。

New Relic Lookoutを利用して、システム全体を操作し、即座にボトルネックを特定できます。

インフラストラクチャのボトルネックを特定

New Relic Oneのこの新しいUIを利用すれば、ゴールデンシグナルの状態に基づいたフィルタリングと分類を行うことで、何万ものインフラストラクチャ・エンティティを操作して、潜在的なボトルネックを確認、特定できます。複数のアイテムを選択し、ゴールデンメトリクスを比較し、インフラストラクチャのアイテムがアプリケーション、および接続されたその他のアーキテクチャーとどのように関連しているのか理解できます。

ゴールデンシグナルのカラムをフィルタリングし、結果を並べ替えて、潜在的な問題を最上位に表示

問題の影響範囲を数値化

オートマップを使用して、アップストリームおよびダウンストリームの依存関係を可視化することにより、インシデントの影響を特定できます。Timewarpを使って履歴のテレメトリーを分析し、時間を遡ったり戻したりすることで、健全性の変化を閲覧できます。

New Relicオートマップがトポロジーマップを表示して、インシデントをトラブルシューティング。Timewarpにより、問題とその発生時点を特定可能

当社では、インフラストラクチャのパフォーマンスを把握および最適化するため、New Relicインフラストラクチャ・モニタリングを利用しています。今回強化されたインタフェースの新機能は、正しい方向に向かっています。例えば、オートマップを使うと、問題の影響範囲から、その発生時点や影響を受けたアプリケーションまで確認できます。今後のさらなる発展を楽しみにしています。  

異常性の根本原因を調査

関連するエンティティ、ログ、アラート、ゴールデンシグナル、ネットワークメトリクス、プロセス、およびストレージなどをコンテキストとあわせて統一されたサービス上で分析することで、根本原因を特定し、問題をより迅速に解決できます。

いずれかのホスト上にマウスを合わせ、コンテキスト上のログおよびオートマップアクションを表示します。関連するコンポーネントが自動的に詳細なメトリクスとインシデントの重大性をハイライトします。

インフラストラクチャのトラブルシューティングを行う際、特定のコンポーネントに焦点を当てたいと考えます。New Relicでは、タグ、ゴールデンメトリクス、およびその他多くの機能を使い、当社の環境を迅速にフィルタリングする能力を与えてくれます。New Relicがこのようなレベルの機能を提供してくれることで、大変助かっています。  

多くのお客様は、kubanetes業界をリードするNew RelicのKubernetesクラスターエクスプローラーとPixieを利用して、コード不要の即座のオブザーバビリティを実現し、さらにAmazon Web Services、Microsoft Azure、Googleクラウドプラットフォームなどのクラウドベンダーとの幅広いクラウドインテグレーションとオンホストインテグレーションを利用して、フルスタックのオブザーバビリティを実現しています。

New Relic Oneの新しい機能により、リアルタイムのトラブルシューティング・ワークフローを提供すると同時に、より広範なプラットフォーム・コンテキストと独自のトポロジの視覚化をユーザーエクスペリエンスに組み込むことができます。