Amazon EKS Blueprint向けアドオンのご紹介

EKSモニタリングを自動化、生産性を加速化し、オブザーバビリティのベストプラクティスを標準化する

公開済み 所要時間:約 3分

Amazon Elastic Kubernetes Service(EKS)は、Kubernetesクラスターの管理、スケール化、およびデプロイに役立ちますが、問題を軽減し、パフォーマンスを最適化するためには、クラスターとアプリケーションを監視する必要があります。コンテナベースの環境は、コンテナが追加されたり取り除かれたりすることもあり、モニタリングには独特の課題があります。AWS Cloud Development Kit(CDK)上に構築された当社の新しいアドオンであるAmazon EKS Blueprintフレームワークにより、New Relicのオブザーバビリティコンポーネントを手動でインストゥルメントする代わりにコードでデプロイできるようになり、EKSクラスターのモニタリングがより簡単になりました。

アドオンにより、すでにお使いのプログラミングコンセプトを使用し、New RelicからKubernetesオブザーバビリティコンポーネントのお客様のEKSクラスターへのデプロイが簡単になります。Pixieは、eBPFベースのオブザーバビリティに対する追加設定が不要で、オプションのコンポーネントとして内蔵されています。New Relicをお客様のEKS環境に追加すると、お客様のサービスのゴールデンシグナルとKubernetesインフラストラクチャーを相関づけることができるようになり、ワンクリックでコンテナのログにアクセスでき、問題を検出し、診断する時間を最小限に抑えることができます。

AWS Cloud Development Kitのインストール方法、新しいプロジェクトの始め方、New RelicのEKS Bluprintアドオンを含むEKSクラスターの構築方法については、AWS Partner Netowrkのブログをご参照ください。

EKS BlueprintおよびAWS Cloud Development Kitを使用し始めたばかりの方も、開発プラットフォームの管理、保護、自動化をお考えの成熟したDevOpsの立場の方も、New RelicのEKS Blueprintのアドオンをお使いになれば、クラスターのパフォーマンスをより深く可視化することができます。

EKS Blueprints用アドオンの使用を開始する

お客様のクラスターで EKS Blueprint向けアドオンをデプロイする方法については、この動画をご覧ください。