EOL

Kubernetes 1.16 未満をお使いのお客様への注意事項

公開済み Updated 所要時間:約 2分

本投稿は Deprecation notice: Kubernetes の抄訳記事です。

2022年1月1日(月)より、Kubernetes v1.15以下のサポートを終了します。Kubernetes Integration v2.8.0以降は、Kubernetes v1.16以降との互換性のみとなります。詳細については、このノートをお読みいただくか、お客様のアカウントチームにお問い合わせください。

背景

Kubernetes の最新バージョンとの互換性を確保し、Kubernetes のサービスに新機能を追加することで、v1.16以前のバージョンにファーストクラスのサポートを提供することができなくなりました。

何が起こっているのか?

  • 最新の Kubernetes v1.22には、v1.16以前のバージョンとのAPIの非互換性があります。
  • 主要な Kubernetes クラウドプロバイダーの大半は、これらの古いバージョンをすでに廃止しています。

何をすればいいのか?

お使いの Kubernetes クラスターをサポートされているバージョンにアップグレードしてください。

Upgrade your Kubernetes clusters

アカウントに何も変更を加えないとどうなりますか?

Kubernetes の統合機能は、ライフタイムの終了したバージョンでも引き続き動作する可能性があります。しかし、新しいリリースによっていくつかの非互換性が発生する可能性があるため、クラスタ更新の準備をされておりv2.7.x 以下の Kubernetes Integration をお使いの場合、品質を保証をすることができなくなるなどの事象が考えられます。

なお、これらのサポート終了バージョンに関するサポートリクエストは現在受け付けておりません。


Kubernetes は非常に早い頻度でバージョンの更新がおこなわれクラスタのバージョン更新は運用上の必須項目になります。
Kubernetes クラスタのバージョン更新をおこなうことによって Kubernetes ひいては Kubernetes Integration の価値を最大限享受して頂けたらと思います。