[速報版] Network Performance Monitoringに新たなSNMP Profileを登録するための手順

公開済み 所要時間:約 4分
New Relic NPM Entrance Image

New Relic SNMP Profileの追加

正式な情報は以下のページよりご確認いただけます。

補足: より詳細なブログが投稿されましたらリンクをこちらに追記致します。

2021年12月27日追記: より詳細な情報を含んだブログが投稿されました。こちらをはじめにご確認ください。

手順の概要

新たなSNMP ProfileをNew Relic NPMで利用できるようにリクエストするには、適切なオブジェクト識別子(以下、OID)一覧を取得し、その結果をGitHub経由にて登録して頂く流れとなります。そのため、GitHubのアカウントを作成頂く必要がありますのでご注意ください。

 

以下は、GitHub上でのリクエストの詳細を記載するUIになります。

NPM SNMP Profile Request UI in GitHub

作業のポイント

SNMPに馴染みのない方は、以下の2点を抑えて頂くと非常に登録をシンプルに行えるかと思います。

  1. SysOID: SNMP機器がベンダやモデルを特定することができる固有のOIDです。適切なSNMPの実装がされていれば、ベンダやモデルが一意に決まります。
    • snmpgetリクエストで直接取得しても良いですし、次の2の項目をsnmpwalkで取得した結果から、SysOIDあるいは、.1.3.6.1.2.1.1.2.0の値を検索いただくことで、適切な情報を取得することができます。
  2. snmpwalk: 指定したOID配下のOID一覧を取得するコマンドになります。ルート(.1.3.6.1 等)を指定頂くことで、全体のOID一覧を取得することができ、この情報を元に、登録作業を実施します。
    • 機器によってはsnmpwalk requestの処理に大きな負荷がかかってしまう可能性があります。OIDを取得する際は、ネットワーク管理者の方と調整の上で取得を行なって下さい。
    • 【重要】取得したOIDの値には、IPv4アドレスやMACアドレスなど機器を特定してしまう情報や認証情報などのセンシティブな情報が含まれていることがございます。その様な情報は別の値や文字に置き換えた上で登録を実施して下さい。