New Relic はオブザーバビリティ(可観測性)をもたらすプラットフォームですが、ユースケースに応じて収集したデータを活用することができます。本ウェビナーは、主に運用者向けのユースケースとして、New Relic を活用した実践的な SLI/SLO 計測のプラクティスをハンズオン形式で学びます。SRE の取り組みの根幹となる SLI/SLO の考え方について学び、仮想サービスに対するサンプル SLI/SLO を New Relic で計測します。

このハンズオントレーニングでカバーするトピック

  • New Relic で実践する SRE
  • SLI (Service Level Indicator) を策定する 
  • SLI を計測し、SLO (Service Level Objective) を策定する

こんな方におすすめ

  • New Relic One を使用している
  • SREの取り組みを今後進めていきたいと思っている
  • ユーザー体験の悪化を迅速に知りたいと思っている

このハンズオントレーニングには参加要件があります

  • New Relic One の基本的な知識をお持ちであること
  • 簡単な NRQL を知っており操作できること

注意事項

オンラインハンズオントレーニングであるため、講師とサポーター、および参加者は Zoomウェビナー を介して行います。ハンズオンの途中で質問がある、前に進めなくなった場合は、個別の画面共有機能を使ってサポートする手順を踏むことがあります。

準備事項

  • 事前のNew Relic アカウント作成は不要です

  • 対応ブラウザは下記の最新版をお勧めします:

  • Google Chrome: Linux, Mac, Windows

  • Mozilla Firefox: Linux, Mac, Windows

  • Microsoft Edge: Windows

  • Apple Safari: Mac

 

New Relic University

このイベントに登録する

ご入力ありがとうございました

ご登録いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしました。
万が一、メールが届かない場合は、japan_marketing@newrelic.com宛にご連絡ください。

講演者

原 健一郎  Kenichiro Hara headshot

原 健一郎

Solutions Consultant, New Relic

外資系ハードウェアベンダーおよびソフトウェアベンダーを経て現職。お客様のITシステムを運用していた経験を生かし、お客様が長期的に幸せになるソリューションの提供を日々心がけている。得意分野は仮想化技術(コンテナ含む)とクラウド。

Get full access to New Relic for free

あらゆるシステムをモニタリングできるNew Relic Oneの全機能アクセスと、月間100GBのデータ取り込みを無料で提供。クレジットカードの登録も不要です。