New Relic は製品単体でも様々な情報を検索し深掘りすることができますが、モニタリングするべき情報をダッシュボード化することも可能です。
本ウェビナーでは、アプリケーションやインフラストラクチャのデータ、そしてそれに伴う顧客体験に関してカスタムチャートとダッシュボードを作成することをハンズオンで学びます。New Relic のチャートビルダーの使用方法とNRQLクエリの記述方法を学び、データの可視化方法に挑戦しましょう。また可視化に加え、クエリを使った高度なアラートの設定方法についても学びます。

このハンズオントレーニングでカバーするトピック

  • New Relic One が取得するデータとその分析
  • データの理解
  • NRQL (New Relic Query Language)
  • 分析手法の習得
  • ダッシュボードの開発
  • アラートの作成と設定

こんな方におすすめ

  • New Relic を使用している
  • すでに New Relic をハンズオンで触ったが、具体的なチャート作成や可視化方法を知りたい
  • New Relicのアラート機能を使っている、またはこれから使いたいと思っている

このハンズオントレーニングには参加要件があります

  • New Relic One の基本的な知識をお持ちであること

注意事項

オンラインハンズオントレーニングであるため、講師とサポーター、および参加者は Zoomウェビナー を介して行います。ハンズオンの途中で質問がある、前に進めなくなった場合は、個別の画面共有機能を使ってサポートする手順を踏むことがあります。

準備事項

  • 事前のNew Relic アカウント作成は不要です

  • 対応ブラウザは下記の最新版をお勧めします:

  • Google Chrome: Linux, Mac, Windows

  • Mozilla Firefox: Linux, Mac, Windows

  • Microsoft Edge: Windows

  • Apple Safari: Mac

 

New Relic University

このイベントに登録する

ご入力ありがとうございました

ご登録いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしました。
万が一、メールが届かない場合は、japan_marketing@newrelic.com宛にご連絡ください。

Event speakers

松川 晋士

Senior Technical Support Engineer, New Relic

大手電機メーカーでソフトウェアエンジニアとして、携帯電話の開発に従事。フィーチャーフォンに始まり、Android搭載のスマートフォンの開発に携わる。その後、創業して間もないベンチャー企業で新規のWebサービス及びモバイルSDKの開発から運用、サポートを経て現職。

Upcoming events

Webセミナー

New Relic で働くエンジニアの魅力ってなんだ?

日付

2022年6月1日(水)

Time

20:00 - 21:00

ワークショップ

NRU304 - AIOps とアラート設計の基本

日付

2022年6月8日(水)

Time

15:00 - 17:00

ワークショップ

NRU401 - CodeStream による DevOps を想定したエラー分析対応の基本

日付

2022年6月22日(水)

Time

15:00 - 17:00

New Relic Oneの全機能に無償でアクセスする

あらゆるシステムをモニタリングできるNew Relic Oneの全機能アクセスと、月間100GBのデータ取り込みを無料で提供。クレジットカードの登録も不要です。