今、デジタルビジネスはかつてないほどに DevOps による継続的な改善とデリバリが求められています。しかし日本の IT市場構造は欧米とは異なり、デジタルサービスの提供は事業会社単独ではなく、開発は SIer、サービス運用は MSP と連携していることがほとんどです。つまり事業会社単独での DevOps ではなく、ある意味”企業間を跨いだ DevOps のモデル”が日本特有に求められています。では誰がこの構造の中から DevOps を加速して行けば良いでしょうか?

New Relic ではお客様システムやサービスの運用管理を担う Managed Service Provider (MSP) がまず変革の推進者となれると考えています。MSP がサービスの信頼性を改善し維持するためのデータを読み解き、開発へフィードバックできる能力を持つことによって、日本のIT市場の飛躍につながると考えています。

 

このウェビナーでは以下のトピックをカバーします。

  • DevOps が進めにくい日本のIT市場構造

  • MSP が DevOps を新たな価値にするためのオブザーバビリティの使い方

  • 障害通知サービスからソフトウェア改善のためのフィードバックを提供するモデルへの変え方

  • ソフウェア改善サービスになるために必要な人材とスキル

  • 事業会社、SIer(開発)、MSP(運用)の企業間を跨いだ DevOps モデルの提言

 

対象

  • MSP 事業責任者

  • MSP 技術責任者

  • 運用エンジニア

  •  
  •  
  •  

登録する

登録完了

開催日が近くなりましたら、改めてご案内いたします。お会いできるのを楽しみにしております。

講演者

Kakuhiro Ito headshot

Akihiro Ito

Seior Technical Support Engineer, New Relic

New Relic Oneの全機能に無償でアクセスする

あらゆるシステムをモニタリングできるNew Relic Oneの全機能アクセスと、月間100GBのデータ取り込みを無料で提供。クレジットカードの登録も不要です。