Lines representing how New Relic connects service requests as they flow through distributed systems, collecting data

この様な状況を解決するために、PagerDutyといったサービスを活用するのが最善ですが、次善の策としてSLACKのメンション機能を活用することで、大量にある通知の中から自分が対応すべき事項を簡単に把握することができるようになります。

  • PagerDutyは受信したアラートを柔軟に制御するための機能を多く備えています。柔軟かつ複雑なアラート監理を行う必要がある場合は、是非、PagerDutyのご利用をご検討下さい。

では、次からどの様にしてメンション機能を設定するかを紹介します。

  1. New Relicポータルにログインします
  2. Alerts & AIをクリックします
    • ログイン後、ポータルの画面の左ペイン内からAlerts & AIをクリックします。
  3. Workflowsメニューをクリックします
    • 右のセクションにAlerts & AI配下のメニューが表示されるので、そのメニュー内からWorkflowsをクリックします。
  4. 対象とするWorkflow設定をクリックする
    • 画面中央部にWorkflowの設定一覧が表示されるので、SLACKのメンション機能を行いたいWorkflow設定をクリックします。
    • 新しく作成する場合には、Add a workflowボタンをクリックします。
  5. SLACK設定を追加あるいは更新します
    • Workflowの設定UIが表示されるので、NotifyのAdd channelセクションにあるSLACKアイコンをクリックし新たに設定を行うか、Notify内のSLACKアイコンをクリックし既存設定を更新します。
    • SLACKの設定が古いものの場合、以下のUIとなる場合があります。この場合にはメンション設定を行うことができないため、新たにSLACKの設定を追加して下さい。
  6. SLACK設定画面のCustom Detailsを編集し、Update messageボタンをクリックします
    • SLACKの設定画面が表示されるので、Custom Detailsのフィールドに任意のメッセージを記載し、メンション設定を追加します。
    • メンションの設定方法は、@表示名を記載します。例えば、メンションを受けた際に表示される表示名がhogetaroだとすると、@hogetaroとCustom Detailsに記載します。
  7. 状況に合わせてWorkflowsの残りの項目を設定しUpdate workflowボタンをクリックします

以下が、動作を確認するための設定したUIのスクリーンショットと実際にSLACK上で受けとった通知のスクリーンショットとなります。

workflow notify - SLACK
mentions on SLACK