APM

Java Agentの設定に関するトラブルシューティングフレームワーク

所要時間:約 4分

原文: Java Agent Troubleshooting Framework Configuration

トラブルシューティングフレームワークの翻訳済みリスト

Javaアプリケーションからのデータが表示されない場合は、まずJave Agentインストールに関するトラブルシューティングフレームワークに従ってください。

アプリケーションデータの欠落

アプリケーションが表示されない、またはアプリケーションはあるがデータがまったくない場合は、Jave Agentインストールに関するトラブルシューティングフレームワークを参照してください。

Note: エージェントが正常にエージェント・ログを作成し、ログに情報を追加している場合、ログを「Reporting to」で検索すると、New Relicポータル内でのアプリケーションのURLが表示されるはずです。間違ったアカウントに報告されている場合は、ライセンスキーを修正する必要があります。

「My Application」という名前のアプリケーションにレポートされていないか確認します。これは、app_name設定オプションのデフォルト値です。newrelic.jarと同じディレクトリにあるnewrelic.ymlファイルを編集し、app_nameの値を希望のアプリケーション名に更新します。

https://docs.newrelic.com/jp/docs/agents/java-agent/configuration/name-your-java-application/

および

https://docs.newrelic.com/jp/docs/agents/manage-apm-agents/app-naming/name-your-application/

を参照してください。

ホストやJVMインスタンスの名前が期待通りにならない

同一ホスト上で複数のJVMインスタンスを同じポートで動作させており、それらが一緒にロールアップされている場合、appserver_portを使用してJVMを区別してください。

https://docs.newrelic.com/jp/docs/agents/java-agent/configuration/hostname-logic-java/

および

https://docs.newrelic.com/jp/docs/agents/java-agent/troubleshooting/host-links-missing-java-apps-apm-summary/

を参照してください。

トランザクションの欠落

トランザクション名の決定方法」を参照してください。

  1. 「Summary」にトランザクションが表示されていない場合は、JVMのダッシュボードで「Heap Memory」と「GC」の情報を確認してください。JMXへの問い合わせによって収集されるJVMヘルス・メトリクスは、エージェントが実行されているJVMから収集される基本的な情報であるため見えているはずです。
  2. 利用している技術要素でJavaエージェントの計装機能が何もせずにすぐに使えることを確認するために、Javaエージェントの互換性と要件に技術要素が載っているか確認してください。
  3. 追加インスツルメンテーション(実験)モジュール - 拡張および追加インスツルメンテーションモジュール
  4. Verboseエージェントログを取得することで、エージェントが何を見ているか、どのようにトランザクション・アクティビティを処理しているかを確認することができます。「トラブルシューティングのためのデバッグログの生成(Java)」を参照して、ログ情報を収集します。
  5. Javaカスタムインスツルメンテーションを使用して、エージェントのメソッドまたはクラスへの呼び出しを計装しなければならない可能性があります。

セグメントの欠落(外部呼び出し、データベース呼び出し)(通常のトレースまたはクロスアプリケーショントレース)

非同期パターンが使用されているかどうかを確認し、該当する場合は次のドキュメントを参照してください。- Introduction to Java async instrumentation