New Relic のEUデータセンターのご紹介

所要時間:約 2分

New Relic Advent Calendar7日目は、土曜ですし軽い話でいきたいと思います。

New RelicはSaaS形式でサービスを提供しており、ホスティングしている環境はアメリカに加えてEUにも存在しています。今回はEUデータセンター経由での提供について紹介します。

EUデータセンターの開設は昨年発表しました。

New Relic Opens First European Region in Germany to Deliver the Power of the New Relic Platform to Customers Across Europe

ヨーロッパのお客様からのご利用を想定した利用目的などについて記載されていますが、日本のお客様も利用することができます。ただしいくつか注意が必要です。

まずデータセンターの選択はアカウントセットアップ時に行う必要があります。またEUデータセンターは比較的新しいバージョンのエージェントのみサポートしており、かつそのほか非推奨(deperecated)な機能の多くをサポートしていません。詳細な情報はこちらのドキュメントに記載があります。

Introduction to the EU region data center

最後に、念の為現在のアカウントがEUでホスティングされているかどうかの確認方法をご紹介します。先ほどのページの最後にあるのですが、APMなどのUIを開いた時にURLのホスト名がrpm.eu.newrelic.comなどとeuがついている場合はEUです。また、EUの場合、ライセンスキーの先頭がEUで始まります。

New Relic の全機能はこちらから無料アカウントでお試しいただけます。

無料トライアル