API Key生成方法について

公開済み Updated 所要時間:約 4分
A block of raw data being correlated to a few distinct endpoints.

APM can take a large amount of raw telemetry data and correlate it into metrics, patterns, and anomalies, so that engineering teams can quickly find and fix issues.

本ブログでは、そのAPI Keyの生成方法をご紹介します。

  1. New Relic Oneにログインする
  2. API Keysメニューを選択する
    • ログイン後、UI右上にあるGravatar Iconからプルダウンメニューを表示し、API Keysメニューを選択します。
Gravatar Icon
pull down menu from Gravatar icon
  1. (Optional) 適切なアカウントを選択する
    • もしご利用環境で複数のアカウントIDを活用している場合、UIの左上にあるNew Relic Oneロゴの隣に表示されるプルダウンから、目的のアカウントを選択します。
    • 目的のアカウントを選択することで、UI上のAPI Key一覧が更新されます。
pull down including account ids
  1. Create a keyボタンをクリックする
    • API Key一覧が表示されますので、UIの右側にあるCreate a keyボタンをクリックします。
key list and create a key button
  1. API Keyを作成する
    • 右側からキー作成のためのUIがスライドして表示されるので、適切な値を設定します。
      • Account: API Keyを作成したいアカウントを指定します。上記3番と同様に複数のアカウントをご利用の場合には、適切なアカウントが選ばれていることを確認シテください。
      • Key type: プルダウンメニューから作成したいキーを指定します。
      • Name: キーにつける名前を指定します。運用し易い名前を設定して下さい。
      • Notes: キーの説明を記載します。利用用途がわかる様に記載ください。
    • 適切な設定を行っていることを確認の後に、UI下部にあるCreate a keyボタンをクリックし、新たにキーを作成します。
pull down including account ids
API Key type pull down menu
  1. 作成したAPI Key値をコピーする
    • キー作成後、API Key一覧のUIに戻るので、一覧から作成したキーを選択し、[ ... ]からプルダウンメニューを表示し、Copy keyメニューからキーの値をクリップボードにコピーします。
copy the value of key

上記の手順により、作成したキーを作成しているツールに設定することができるようになります。

作成したKeyを活用し、New Relicをより便利にご活用下さい。