特に、パンデミックの影響で多くの開発者が対面での仕事ができない状況では、リモートコラボレーションが成功の鍵となります。お互いに並んで仕事ができるようになったとしても、これまで以上に多くの人がリモートで仕事をすることになるでしょう。CodeStreamのようなツールは、遠隔地での共同作業やチームのコミュニケーションに大いに役立ちます。さらに良いことに、CodeStreamはシンプルなIDEの拡張機能です。

ここでは、CodeStreamを使ってワークフローを改善する9つの方法を紹介します。

1. Codemarkを使って、進化するコードに対して会話をする 

コードは常に進化していますが、コードに残された従来のコメントではそれを捉えることができません。コードベースに不要なコメントを残す代わりに、Codemarkを使用してコードブロックに関する継続的な会話を行うことができます。

CodeStreamのウェブサイトによると 「Codemarkは、チームのナレッジベースを構成するブロックです。Codemarkは、コードブロックについての議論を記録し、コードに固定されているので、後から議論を確認することができます。」

Codemarkは、コメント、課題、パーマリンク、ブックマークのいずれかであり、自由度が高く、 (あなた自身を含む)将来の共同作業者があなたのコードを知ることができます。コードがまだコミットされていなくても、Codemarkを追加することができます。CodeStreamでのコメントはCodemarkとなり、チームがコラボレーションすることでより大きな会話となります。

2. SlackやMicrosoft TeamsでCodemarkを簡単に共有する

Codemarkを追加したり、貢献したりしたら、SlackやMicrosoft Teamsで他の人と簡単に共有することができます。関連するコードブロックは、コードへの直接リンクとともに、コンテキストとして含まれます。これにより、あなたのコードについて話したり、フィードバックをしたり、質問をしたりすることが簡単にできます。

3. 最後にコードブロックを担当した人を素早く見つける

特に誰が最後にコードを更新したのかわからないとき、コードの一部が何をするものなのかを理解することは、大きな問題です。コードのブロックを選択すると、CodeStreamはそのコードに最後に携わった人を表示し、タグ付けして質問することができます。

4. アクティビティフィードを使って更新を確認する

CodeStreamのアクティビティフィードを使用すると、コードエディタを離れることなく、課題、プルリクエスト、議論を確認することができます。

5. コミットせずにレビューを依頼する

通常、レビューを受けるためにはコードをコミットする必要がありますが、コードに疑問があり、まだコミットしたくない場合はどうすればよいでしょうか。CodeStreamを使えば、進行中のコードをコミットすることなく、レビューを依頼することができます。

6. エディタ上でソースツリーを確認しながら、リアルタイムでコードレビューを行う

コードエディタのコードにリアルタイムでコメントやハイライトができるため、他のプラットフォームに切り替えることなくコードレビューを行うことができますが、Coformatiqueで紹介されているように、他のプラットフォームと組み合わせることで、リモートコードレビューをより簡単に行うことができます。

また、レビューを書いたり質問に答えたりする前に、コードエディタで完全なソースツリーを確認することができます。これは、コードエディタで直接コミュニケーションができる他の拡張機能とは異なる点です。

7. 現在使っているツールやワークフローとの統合をする

皆さんおそらく、プルリクエストにはGithub、Gitlab、Bitbucketなどのツールを、コミュニケーションにはSlackやMicrosoft Teamsなどをすでに使っていることでしょう。CodeStreamは、AsanaやTrelloといった他のツールとも連携しているので、CodeStreamを利用するためにワークフローを変える必要はありません。つまり、新しいツールを学んだり、現在のワークフローを壊したりする必要がないということです。

Streamline the planning and execution of any task, regardless of size.

8. コードをインストゥルメントし、プロダクションのエラーを迅速にデバッグする

CodeStreamがNew Relicファミリーに加わりました。これにより、コードをインストルメントし、New Relicのスタックトレースの横にある「Open in IDE」ボタンを選択することで、New Relic UIのスタックトレースエラーからコードエディタのコード行に直接ジャンプすることができ、プロダクションエラーを迅速にデバッグすることができます

Easily instrument apps in your IDE with just a few clicks.

9. プロダクションのコードをコードエディタでライブでバッグする

Go プロジェクト用の Pixie ダイナミック ロギングがアルファ版になり、コード エディタから直接、実稼働中の Go 環境をライブ デバッグできるようになりました。Go のダイナミック ロギングはまだ始まったばかりです。本番環境のデバッグをより簡単にし、コード エディタから完全なオブザーバビリティを得るための新機能に注目してください。

リモートで仕事をしているかどうかに関わらず、優れたワークフローを持つことは、生産性と書いたコードの品質に大きな影響を与えます。CodeStreamを使えば、コードエディタで直接コラボレーションができるので、ワークフローが改善され、チームメイトとのコミュニケーションも容易になります。何よりも、CodeStreamエクステンションは無料でオープンソースです。