OpenTelemetryとは何か、そしてなぜそれが計装器の未来なのか?

所要時間:約 5分
OpenTelemetry
OpenTelemetry

OpenTelemetryとはなんですか? 

OpenTelemetryは、サービスインストゥルメンテーション(パフォーマンスを測定する方法)のオープンソースプロジェクトであり、統一規格です。Cloud Native Computing Foundation (CNCF)がスポンサーとなり、OpenTracingOpenCensusに代わるものです。その目的は、テレメトリーデータを収集し、バックエンドプラットフォームに送信する方法を標準化することです。OpenTelemetryプロジェクトは、Java、Go、Pythonなどの様々な言語用のソフトウェア開発キット(SDK)を含む、仕様、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)、ライブラリ、およびインテグレーションで構成されています。また、アプリケーションやサービスからテレメトリーデータを収集するために使用できる、一元的なコレクターサービスも定義されています。お好きな可観測性プラットフォームに送信するためのエクスポーターも含まれています。

なぜOpenTelemetryは計装器の未来なのか?

上のビデオで説明したように、OpenTelemetryが計装を変える理由は4つあります。

  1. 大規模なオープンソースコミュニティによって構築・サポートされているため、広く深いさまざまな計装器を利用することができます。昨年は300社以上の企業がOpenTelemetryプロジェクトに貢献し、その数は10万件を超えました。また、OpenTelemetryコミュニティには、過去1年間で2,000人以上のコントリビューターが参加しています。オープンスタンダードであるOpenTelemetryは、幅広いコラボレーションを促進し、世界中のエンジニアが計装器に貢献することで、より良いカバレッジ、柔軟性、普遍性を促進します。
  2. 標準的な計装器とは、異なるツールやサービスと一緒に動作することを意味し、システム全体の可視性を得ることができます。OpenTelemetryには相互運用性があります。つまり、様々なシステムがこの標準的な形の計装を全てのサービスで使用し、情報を交換することができます。アプリケーションのすべてのサービスを横断できる標準的な計装器がないと、盲点やデータサイロが発生しトラブルシューティングに影響してしまい、問題を迅速に検出して解決することができなくなってしまいます。OpenTelemetryは、可視性のギャップを解消します。
  3. バックエンドの可観測性ツールを柔軟に変更することができます。ほとんどのプロプライエタリなモニタリングソリューションでは、テレメトリデータを収集するために特定の計装エージェントをインストールする必要があります。別のツールに変更した場合、別のプロプライエタリなエージェントをインストールしたりコードを再計測したりするためには、より多くの時間とリソースを費やす必要があります。OpenTelemetryでは、あなたの行うことは様々なプロプライエタリなツールから独立しています。バックエンドの可観測性ツールを変更しても、計装器を変更する必要はありません。OpenTelemetryのソースコードを完全に把握し、コミュニティがどのように機能を開発し、バグを修正しているかを知ることができます。
  4. 新しい技術を簡単に監視することができます。新しい技術が開発されると、OpenTelemetryの計装器は、アプリケーションがすでに使用しているライブラリやフレームワークの一部となります。つまり、個々の監視ツールが最新技術をサポートするのを待つ必要はありません。

 

New RelicとOpenTelemetry

New Relicは OpenTelemetry の設立当初からの主要な貢献者の一人です。  昨年、私たちはエージェントのオープンソース化や OpenTelemetry での可観測性機能の提供など、オープンソースでの計装への全面的な取り組みを発表しました。  New Relic のネイティブな OpenTelemetry プロトコル (OTLP) のサポートと充実したユーザーエクスペリエンスにより、お客様はこの新しい計装の標準を利用して、システムの理解、トラブルシューティング、最適化を行うことができます。

英語原文記事の以前のバージョンは、2020年10月にThe New Stackに掲載されました。