ベガコーポレーション、急成長する家具・インテリアECサイト「LOWYA」にオブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」を採用

~年間200億円規模のトランザクションを支え、問題の原因特定と解決までのリードタイムを最大1/10に短縮~

vegacorporation-logo
2021年 5月 11日

デジタルビジネスに可観測性プラットフォームを提供するNew Relic株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小西 真一朗、以下「New Relic」)は、株式会社ベガコーポレーション(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:浮城智和)が運営する家具・インテリアECサイト「LOWYA(ロウヤ)」に、オブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic One」を導入したことを発表します。

 

導入の背景と経緯

家具・インテリアのインターネット通販を手掛けるベガコーポレーションは、楽天市場、Amazon、PayPayモールなどのショッピングモールでの展開に加え、自社ECサイト「LOWYA(ロウヤ)」での販売を急速に伸ばしており、2021年度の売上は200億円に迫る勢いで推移しています。同社は、2020年8月に「LOWYA」のバックエンドシステムをECパッケージから自社開発のECシステムへ移行し、多様化する顧客ニーズにスピード感を持って対応する体制を強化することがビジネスの急成長に寄与すると考えています。

 

「New Relic One」の導入と想定効果

「New Relic One」は、「LOWYA」を構成するAWS(Amazon Web Services)上のバックエンドシステムから、スマホアプリやPCなどのユーザーデバイスまで、エンドツーエンドのオブザーバビリティ(可観測性)を実現しています。それによってベガコーポレーションでは、ユーザーの利用体験に影響するインフラやコードの不具合やボトルネックを特定して迅速な改善に役立てています。
AWS上に構築されたECシステムには、クラウドネイティブテクノロジーがフルに活用されています。「New Relic One」は、コンテナアプリケーションのレスポンスタイム、スループット、エラー率、トランザクションなどを可視化するとともに、ユーザー体験に影響するコードやコード間の依存関係をリアルタイムで特定します。これにより、問題の原因特定と解決までのリードタイムは最大で1/10にまで短縮されました。

 

今後の展望

ベガコーポレーションでは、New Relicが提供する情報をIT部門だけでなく、経営陣・ビジネス部門と共有しながら、サービスと顧客体験の改善につなげる全社規模での取り組みにも着手しています。カタログ参照やカート投入時のレスポンス、決済時の所要時間などの指標を決めて、それがユーザーの行動にどう結びついて、最終的に売上にどう影響しているのかを評価し、「サイトの性能改善が売上につながることを定量的に示す」ためのダッシュボードの準備を進めています。

 

株式会社ベガコーポレーション システム統括部 技術戦略部の石村俊幸氏は次のように述べています。

「自社ECサイトのサービス品質を継続的に維持・向上させながら、何らかの問題が発生したときに顧客体験への影響を最小化するためには、2~3名のSREを増員しなければなりませんでした。「New Relic One」を活用することで、現状のチーム体制のままECシステムを適正に運用できていることは大きな成果です。また、「New Relic One」には、エンジニアのツールとしてだけでなく、経営陣を含むすべての部門で有益な情報を共有できる全社基盤として活用できるメリットがあります。「New Relic One」により、システム部門とビジネス部門の連携はより強固なものになると考えています。」

 

New Relic株式会社 代表取締役社長 小西 真一朗 は次のように述べています。

「ベガコーポレーション様のビジネスの成長にNew Relicが貢献できることを大変光栄に思います。ECシステムを自社開発し、より良い顧客体験の実現にチャレンジするベガコーポレーション様を、New Relicのエンドツーエンドオブザーバビリティ(可観測性)が将来にわたりしっかりと支えてまいります。」 

 

■New Relic Oneについて

New Relic Oneはお客様がより完璧なソフトウェアを作成するために構築された、最も強力なクラウドベースの観測プラットフォームです。世界中のエンジニアリングチームがNew Relic Oneを利用して、アップタイムとパフォーマンスの向上、規模と効率の向上、市場投入までの時間の短縮を実現しています。New Relic Oneには、組織がオブザーバビリティを実現するために必要なすべての機能が含まれています。

・Telemetry Data Platform:

ペタバイト規模であらゆるタイプのアプリケーションやインフラストラクチャのデータを収集、可視化することができます。これは、すべての運用データの単一で正しいソースとなるように設計されています。

・Full Stack Observability:

APM、インフラストラクチャ、ログ、デジタルカスタマーエクスペリエンスにまたがるソフトウェアスタック全体を1つのコネクテッドエクスペリエンスで簡単に分析し、トラブルシューティングを行います。

・Applied Intelligence:

インシデントを迅速に検出、理解、解決するための応用インテリジェンスが備わっています。

 

【このプレスリリースに関するお問合せ先】

New Relic株式会社 マーケティング部:七戸、湯原

TEL: 03-4577-9065 Email: japan_marketing@newrelic.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ New Relic PR担当:北野、妹尾、横田

TEL: 03-5269-2301 Email: newrelic@inoue-pr.com

 

将来予想に関する記述

本資料は関係情報の開示のみを目的として作成されたものであり、有価証券の取得または売付けの勧誘または申込みを構成するものではありません。本資料は、正確性を期すべく慎重に作成されていますが、完全性を保証するものではありません。また本資料の作成にあたり、当社に入手可能な第三者情報に依拠しておりますが、かかる第三者情報の実際の正確性および完全性について、当社が表明・保証するものではありません。当社は、本資料の記述に依拠したことにより生じる損害について一切の責任を負いません。本資料の情報は、事前の通知なく変更される可能性があります。本資料には将来予想に関する見通し情報が含まれます。これらの記述は、現在の見込、予測およびリスクを伴う想定(一般的な経済状況および業界または市場の状況を含みますがこれらに限定されません)に基づいており、実際の業績とは大きく異なる可能性があります。今後、新たな情報、将来の事象の発生またはその他いかなる理由があっても、当社は本資料の将来に関する記述を更新または修正する義務を負うものではありません。
 

New Relicについて

2008年に創業したNew Relicは、デジタルビジネスのあらゆる重要指標を観測可能にする「可観測性プラットフォーム」を提供しています。デジタルビジネスを構成するアプリケーションやインフラストラクチャーだけでなく、ユーザー側の顧客体験状況までをも観測可能にするため、企業はデジタルサービスの障害検知、顧客体験の低下検知、潜在的な問題やボトルネックを早期特定し解決するDevOpsチームを生み出します。これにより、企業は取り組むべきデジタル変革を計測可能な戦略へと変化させることができます。グローバルでは、AirbnbやGitHubなど17,000社ならびにFortune 100企業の過半数で導入されています。日本でもすでに数百社を超えるお客様のデジタル変革を支援しています。New RelicがFortune 100企業の過半数から支持されている理由はnewrelic.co.jpをご覧ください。

※New Relic は、New Relic, Inc.の登録商標です。

※本文書内の製品名および会社名は全て、それらの登録名義人の商標である場合があります。

メディア関係

New Relic株式会社 マーケティング部

03-4577-9065

japan_marketing@newrelic.com