WEBINAR(On-Demand)New Relic のリアルユーザーモニタリングはじめの一歩

ユーザーは、Webブラウザーがサーバーからデータをロードするのを待つ時間に待機時間の90%を費やしています。そしてエンドユーザー体験の100%は、インフラからアプリケーション、最終的にアプリケーションをレンダリングするブラウザに至るまで、テクノロジー・スタック全体に依存しています。これらの事実により、フロントエンド(またはエンドユーザー)の監視は、成功するデジタルビジネス戦略に絶対に不可欠です。

そこで本ウェビナーでは、ブラウザーベースの APM ソリューションとしては世界でもっとも多く採用され、世界の 180万以上のウェブサイトに導入されている New Relic Browser を使ったフロントエンドでのリアルユーザーモニタリングを解説します。

登録する

登録完了

開催日が近くなりましたら、改めてご案内いたします。お会いできるのを楽しみにしております。

講演者

東 卓弥

Solution Consultant, New Relic

NewRelicソリューションコンサルタント。ERPパッケージベンダーにてSaaS製品を開発。SREも担当し運用自動化に励む。その後総合系コンサルティングファームに転職し、BtoCサービスの構築支援としてモバイルアプリを主としたサービスの開発リーダーを担当。 アーキテクチャの設計からCICD、バックエンド・フロントエンド開発という全領域の開発に加え、SREで経験した運用も踏まえたアプリケーションを中心としたパフォーマンス管理・チューニングを得意とする。 業務上経験が多いのはJava、Javascript。

New Relic Oneの全機能に無償でアクセスする

あらゆるシステムをモニタリングできるNew Relic Oneの全機能アクセスと、月間100GBのデータ取り込みを無料で提供。クレジットカードの登録も不要です。