pokemaru

生産者である農家・漁師から、消費者が直接食材を購入できるオンラインサービス
ポケットマルシェ(ポケマル)」が大きな共感とともに急成長を続けている。2021年5月時点の登録生産者数は5,100名、登録消費者は約31万人に及ぶ。直販を始めたい・増やしたい生産者、鮮度の高い産直品を購入したい消費者――両者から大きな支持を得ている理由は、単に「売れるから」「便利だから」だけではない。ディレクターの宮本巧氏は次のように話す。

 

「生産者とそのファンでコミュニティが形成されるなど、人と人のつながりが深いことがポケマルの大きな特徴です。消費者が生産者へ『こうやって食べました』『ごちそうさま!』を直接伝えられる機能など、アプリには生産者と消費者のコミュニケーションを促進する機能を工夫しています。個と個をつなぐ、生産者と消費者の個人レベルの関係性を構築する、という私たちのビジョンに共感いただいた多くの方々にポケマルは支えられています」

 

FoodTech企業としてのポケットマルシェ設立のきっかけは東日本大震災だった。ポケマルのルーツとも言える定期購読誌「東北食べる通信」は、東北で農業や漁業に携わる人々が主役として登場し、彼らが収穫した食べものをセットで届けるユニークなビジネスモデルで成功を収めた。共感を得たのは、生産者と消費者の「共助」という新しい関係性である。

 

「既存の食品流通の枠組みから抜け出せない生産者を応援したい、味は変わらないのに規格に合わないために流通に乗せられない食べ物を救いたい、という思いがありました。ポケットに入るマルシェ(市場)として成長を持続させながら、こうした社会的課題の解決にも貢献することをビジネスの両輪として推進しています」(宮本氏)

コロナ禍により前年比20倍のトランザクションを記録

コロナ禍に伴う緊急事態宣言の発令、外出自粛、店舗への休業要請などは、社会と暮らしに大きな変化をもたらすとともに、飲食店向けの販路が縮小するなど生産者の経営をも直撃した。一方で、直販に活路を見出した生産者を数多く受け入れたポケマルの2020年5月の流通額は、前年同月比で20倍に達したという。

 

「テレビ番組で紹介されたことをきっかけにポケマルの認知が大きく高まり、ユーザー数、アクセス数、注文数のすべてが急増しました。私たちは、計画を大幅に前倒しして、アプリの使い勝手やシステム性能を改善させなければなりませんでした」とエンジニアリングマネージャーの李慧旻氏は話す。

 

インフラ、バックエンドシステム、フロントエンドアプリのエンジニアで構成されるポケットマルシェの開発チームは、一丸となってこの難局に立ち向かった。バックエンドエンジニアの粕谷準一郎氏は次のように振り返る。

 

「AWS上に構築されたサービス基盤の処理能力を高めるために、サーバーの増設やキャッシュの追加を行い、さらにCloudFrontを採用すべきか難しい判断を迫られました。その際に、有益な情報を提供してくれたのがNew Relic APMです」

 

New Relic APMは、業界を代表するアプリケーションパフォーマンス監視ソリューションである。Webアプリケーションのレスポンスタイム、スループット、エラー率、トランザクションなどを可視化するとともに、ユーザー体験に影響するコードやコード間の依存関係をリアルタイムで特定できる。

 

「レスポンスが悪化しているとわかっていても、どこをどう改修するか判断するには、ログ収集と分析という地道な作業が必要でした。New Relic APMでは、どの処理の負荷が髙いのか、なぜ負荷が上がっているのか数クリックで一目瞭然になりますので、最短で課題解決に取り組むことができます」(粕谷氏)

New Relic Oneでユーザー体験を可視化し迅速に対処

New Relic APMの活用を通じてその有効性を実感した宮本氏らは、2020年7月に「New Relic One」へのアップグレードを行った。これによりポケットマルシェの開発チームは、Telemetry Data Platform、Full-Stack Observability、Applied Intelligenceから構成される多彩な機能を利用して、ユーザーデバイスからバックエンドシステムまで、エンドツーエンドのオブザーバビリティ(可観測性)を手に入れた。

 

「シンプルな価格体系でNew Relic Oneの全機能を利用できるようになったことは大きな魅力でした。アプリケーションパフォーマンス管理(APM)に加え、ログ管理(Logging)、外形監視(Synthetics)、サーバリソース監視(Infrastructure)など複数の機能をシームレスに活用することで、様々な問題点と原因を可視化し、いち早く解決に導くことができると考えました」と宮本氏は言う。

 

New Relic Oneは、ユーザー体験の可視化と改善のための意思決定に即座に威力を発揮した。李氏は次のように話す。

 

「生産者から『出品処理の動作が遅い』という連絡をカスタマーサポートチームが受けていました。New Relicのダッシュボードでは、どのプロセスにどれだけの遅延が発生しているかを一覧表示させることができます。トップにランキングされた本件は、優先度の高い事案として関係者全員に認識され速やかな対策がとられました」

 

ポケマルのスマホアプリやシステムは、1~2週間に1度のペースでアップデートが行われている。しかし、「新機能の追加や改善が優先され、不具合の改修はどうしても後手になりがち」(李氏)だったという。

 

「New Relicを活用することで、『表示が遅いから何とかして』ではなく、『ここのクエリを改善して』というように、エンジニア間のコミュニケーションがより具体的なものに、より解像度の高いものに変わりました。可視化された情報を関係者で共有しながら、迷わず手を打てるようになったことは大きな成果です」(李氏)

 

遅延が発生する頻度や影響範囲まで把握できるようになったことも大きな変化だという。インフラエンジニアの芝野聖氏は、自身が実感しているメリットを次のように話す。

 

「New Relicではレスポンスの悪化やサービスの不具合など、問題発生の予兆を把握することができます。原因を詳しく探っていくことで、今すぐ対処すべきか、2週間後でも大丈夫か、という判断ができますので大変助かっています。突然アラートが上がってくるのではなく、余裕をもって事前準備できることは、サービス品質を維持していくうえで非常に重要です」

トランザクションの予測と自動スケーリングの実装

開発チームでは、ポケマルのサービス基盤の見直しに着手している。狙いは、顧客ニーズを捉えたサービス開発の更なるスピード化と、次のステージを見据えたビジネス成長への対応である。宮本氏は次のように説明する。

 

「現在のアプリケーションはフロント‐バックエンドともにRuby on Railsを採用していますが、新しいアーキテクチャーでは、バックエンドはRailsのAPIモードでアプリケーションを開発し、フロント側はReactを採用してアクセスする仕組みを考えています。開発チームがフロントとバックエンドで分かれたときには、問題の発生箇所によって対応チームも変わることになります。また、将来的にはマイクロサービス化を目指していくことになるでしょう。そうした状況下では、New Relicのオブザーバビリティがさらに重要な役割を果たしてくれるはずです」

 

宮本氏は、スマホアプリにもNew Relicを適用し、バックエンドからユーザーデバイスまで、エンドツーエンドのユーザー体験を可視化してサービス品質の維持・改善につなげていく考えを示す。さらに、芝野氏らはAWS上に構築されたサービス基盤の柔軟性の強化にも取り組んでいる。

 

「New Relic Logsを利用して、キャンペーンの実施やテレビ番組での紹介などがアクセスやトランザクションにどのように影響したかを計測しています。ログを詳細に分析してインフラ拡張のための指標をつくりたいと考えています。また、現在は手作業でインフラの拡張・縮小を行っていますが、Auto Scalingを適用するなど自動化を進めていきます」

生産者と消費者をつなぐプラットフォームとしての責任

生産者にとって販路としてのポケマルの重要性は急速に高まっている。生産者と消費者の「共助」という関係性を育んでくためにも、直販プラットフォームとしてのポケマルへの期待と責任はますます大きなものになるだろう。李氏は次のように話す。

 

「すべてのユーザーにより良いサービス体験を提供していくために、そのためのアプリケーションやインフラの改善に、New Relicを活用できる領域は広範に及びます。たとえば、役割の違う複数のエンジニアがチームや職能の壁を超えて緊密に連携しながら、共通の目標に取り組むための情報共有のツールとしてもNew Relicは非常に有益です。テーマに対する理解レベルを整えながら、より具体的で解像度の高い議論を進めることができます」

ポケットマルシェでは社員の目標管理にOKR(Objectives and Key Results)を採用しているが、Key ResultsにNew Relicが導き出す「アプリケーション改修によるレスポンス改善値」といったデータを活用することも検討しているという。宮本氏は次のように話して締めくくった。

 

「ECの領域では、ユーザー体験の良し悪しがビジネスの成果を大きく左右します。開発側でアプリケーションやインフラの改修を行ったとき、それによって売上やユーザー登録数にどのような影響があったか、New Relicのダッシュボード上で一貫して見えるようにしたいと考えています。New Relicには、トレーニングやベストプラクティスの紹介など継続的な支援を期待しています」