Back to top icon

サーバーレスアーキテクチャ入門

Lambda Serverless for AWS screen capture

従来のIT監視では、オンプレミスのサーバーやデータベースであれ、キャッシュやロードバランサ(負荷分散装置)であれ、手持ちのリソースの管理と維持には自社で責任を負うものでした。しかし、管理されたクラウドのサービスや機能を利用する現在の動的なソフトウェア環境では、自社で運用の責任を負うリソースの数が少なくなっています。「サーバーレス」コンピューティングは、この新しい世界をさらにさらに広げる技術です。

サーバーレスコンピューティングとは?

「サーバーレス」とは言っても、実際にサーバーがないわけではありません。従来も自社で管理していたのと同じVM(仮想マシン)やコンテナは引き続き存在しますが、これらのサーバーでのパッチの適用やセキュリティ確保、拡張作業などは、これまでのように自社で行う代わりに、クラウドプロバイダーが担当します。別の考え方として、サーバーレスは「サービスとしてのコンピューティング(CaaS)」、あるいは「サービスとしての機能(FaaS)」とも言えます。

サーバーレスコンピューティングの例: AWS Lambda、AWS S3、AWS DynamoDB、AWS SQS、AWS APIゲートウェイ、AWS SES、Azureクラウド機能、Googleクラウド機能、Google MLエンジンなど

What is serverless?

サーバーレスワークロードを理解する

サーバーレス環境の計測を行うと、リクエストへの応答時にコード内で何が起きるかを正確に把握できます。適切な計測ができていれば、トランザクションの測定が実施され、システムのオブザーバビリティ(可観測性)が高まり、有用なメトリックやログ、トレースが発行されます。

計測でオブザーバビリティが高まる

計測でオブザーバビリティが高まる

  • ログ:「更新の後、データベースが起動しなくなった。」
  • メトリック:「コンフィギュレーション変更の後、アプリケーションの処理速度が35%低下した。」
  • トレース:「このサービスにはどんな依存関係があるだろう?」

 

すべてのコンポーネントの計測が必要です。

  • モバイルアプリ/ブラウザ
  • クラウドコンピューティングサービス(AWS、Azure、GCP)
  • アプリケーションとアプリケーションマイクロサービス
  • サーバーOS(クラウド、オンプレミス、または仮想)
  • マネージドサービス
Instrumentation

面倒のない計測

New Relicのクラウドベースのプラットフォーム は、開発や運用のプロセスでサーバーレス環境が実行していることを監視するための準備を整えます。すべてのリソースとサービスの計測を数分で完了し、トランザクションをエンドトゥエンドでトレースして、環境全体で何が起きているかを把握するためのクエリの発行、分析、アラートの受信を開始できます。

クラウドネイティブのワークロード監視を効果的に行うための要件

コードレベルの計測

動的な環境内のすべてを計測することで、ワークロードが実行している作業量を測定(および最適化)できます。

分散トレーシング

コードと依存サービスを通じて、リクエストが処理されるプロセスで生じるすべてのインタラクションの相関関係を把握しましょう。ボトルネックの検出、特定、デバッグを迅速に行うことができます。

分析、アプライドインテリジェンス(AI)、アラート機能

インテリジェント機能を活用して、データを検索し、相関関係を自動的に検出し、アラートノイズを低減することができます。

New Relicのサーバーレス監視でワークロードを把握しましょう

フロントエンドのアプリケーションからバックエンドのインフラストラクチャまで、サーバーレスアーキテクチャ内で何が起きているかを把握しましょう。安定性を飛躍的に高め、リソースをインテリジェントに割り当て、クラウドのコストを最適化することができます。

New Relicにサインアップ   デモをリクエストする